今回のような非常時の卒業式ではありますが、何かと制約がある中でも、卒業生にとって思い出に残る温かい式にしたいと考えています。保護者の皆様、お子さんと一緒に、下記の3種類の文書をご確認ください。よろしくお願いします。

①R1卒業式 再案内

②令和元年度 笠原小学校卒業証書授与式実施計画

③学年通信 卒業式に向けての特別号

【お知らせ1】 卒業式について①「式次第」

・開式の辞

・国歌

・卒業証書授与

・校長式辞

・教育委員会告辞

・祝電披露と卒業記念品紹介

・お別れの歌

・閉式の辞

 

【お知らせ2】 よりよい過ごし方のヒントに!

長い臨時休業日です。よりよい過ごし方のヒントになるとよいなと思います。以下は、文部科学省のホームページ掲載の「学校の臨時休業の実施状況、取組事例等について」です。下記の文書からおすすめのページへつながるようになっています。

学校の臨時休業の実施状況、取組事例等について

2月28日には、ログイン名やパスワードも記して、以前から度々お知らせしております「GIFU Web ラーニング」のリーフレットを配付しました。

ぜひ、ご活用ください。

新型コロナウィルスの感染拡大防止のための臨時休業にあたって、保護者の皆様にはご理解とご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。本日、多治見市教育委員会より、保護者の皆様宛に2つの文書が出されましたので、本ホームページに公開し、閲覧していただけるようにいたしました。なお、本文書は、ピンク色の紙に両面印刷をし、3月4日から3日間に持ち帰っていただく児童の持ち物と一緒にしてありますので、紙面で確認いただきますようお願いします。

・新型コロナウィルス感染症対策のための臨時休業日の設定と対応について

・新型コロナウィルス感染症防止のための臨時休業日に係り日中保護者不在となるご家庭の児童支援について

来年度小学校に入学する笠原幼稚園、笠原保育園の園児の皆さんに、1年生の図工・国語の授業、校舎内の様子を見学してもらいました。園児の皆さんの元気のよい返事や挨拶、お話を聞く姿など、もうすぐ1年生っていう姿でした。お兄さんお姉さん、先生たちは、皆さんの入学を楽しみにしています。

 

笠原町神戸・栄土地区画整理組合様から、笠原小,笠原中にICT機器「みらいスクールステーション」を寄贈していただきました。この機器は、各教室でデジタル教材(デジタル教科書、静止画像、動画、カメラ画像など)やインターネットHPを見ることができたり、授業中の児童のノートや作品、実験の様子など大型モニターに映したりすることができます。「笠原の子ども達のために役に立つものを」と考えてくださった組合の皆様、ありがとうございました。子ども達の学習に有効活用させていただきます。保護者の皆様、地域の皆様、ご来校の折にはぜひともご覧になってください。

   

笠原小5年生は総合的な学習で、福祉をテーマに学習しています。2月7日(金)は、多治見市福祉協議会の方を講師としてお招きし、高齢者体験を行いました。足首や手首におもりをつけ、肘や膝にサポーターを巻き、おもりを入れたベスト、ヘッドフォン、サングラスを着用して、廊下を歩いたり、階段を上り下りしたりしました。動きが制限されたり、通常と違う感覚になったりする体験を通して、今後ご高齢の方のお手伝いをするときに、どんなことに気をつけるとよいかを考えることができました。

1月29日(水)3~5時間目、「国際交流の日」を行いました。この日はアジアプラントサービス様から3名、県国際交流員の皆様3名、キリンゴ英会話教室の皆様3名、名古屋大学医学部医学系研究科の皆様9名の合計15カ国18名の講師の方に来ていただきました。複数のグループに分かれて、3~5時間目に各教室に入って、自己紹介や出身国の紹介などをしてくださいました。子ども達は外国の建物や食べ物など興味津々で一生懸命にお話を聞いていました。低学年では担任が、部分的に日本語に訳して子ども達に伝えましたが、高学年では、ほぼALL ENGLISHです。紹介の後は、一緒にゲームをする学年、英語で質問しそれに答えていただく会を行う学年などいろいろな形で交流をしました。昼休みには多くの講師の皆さんが子ども達と過ごし、ふれあいの場をもってくださり、子ども達にとって貴重な体験となりました。また。高学年の子ども達にとっては、今まで学習して身につけた英語の力を試す絶好の機会でした。物怖じすることなく進んで英語を使う子ども達の度胸に感心しました。

1月15日(木)朝、保健委員会が中心となって「かぜ・インフルエンザを予防しよう」と呼びかける児童集会を行いました。

インフルエンザウィルスはどのようなときに感染しやすいのかを委員が寸劇で表してくれました。「ウィルスが体内に入らないようにマスク・手洗い・うがいをすることが大切」「入っても発症しにくい元気で丈夫な体でいることが大切」ということがよくわかりました。

がいをしよう・スクをしよう・うきのいれかえをしよう・そくただしいせいかつをしよう・いりょくをつけよう・いようをしっかりとろう・あらいをしよう」の頭の文字をつなげて「う・ま・く・き・た・え・てかぜやインフルエンザを予防しよう」とまとめてくれました。全校で心がけて、かぜ・インフルエンザを予防していきます。

今日は、3年生以上の子ども達が、「110番の日 Music Patrol」に招待していただき、参加しました。

アザレアホールに到着すると、珍しい警察車両の展示を見たり、乗車体験をさせていただいたりしました。

その後、ホールでのコンサート!

アニメメドレー、マリーゴールド、パプリカ、YMCAなど、子ども達がよく知っている曲が続き、拍手をしたり演奏に合わせて口ずさんだり、曲によっては座ったまま踊ったり・・・。「ビリーブ」は、笠原中学校の吹奏楽部と一緒に演奏してくださり、6年生の子ども達はステージ上で、その他の子ども達は自分の席で一緒に歌いました。

あっという間に時間が過ぎました。本当に楽しい時間でした。

本来の趣旨である、「110番」のことについてお話を伺い、その仕事や緊急通報される内容についてもよく分かりました。緊急の用件ではなくて110番をする、実際にあったことのお話には、子ども達もびっくり。どんなお話を聞いたのか、子ども達に聞いてみてください。

 

 

新年あけましておめでとうございます。

今日は、冬休み明け最初の読み聞かせの会を行いました。読み聞かせの会「どりーむ」さんに、いつもお世話になっています。子ども達は、臨場感あふれる上手な読み聞かせに食い入るように本を見つめ、集中してお話を聞いていました。これからも進んで読書をし、本に親しみ、豊かな感性と幅広い知識を身につけて欲しいと思っています。