多くの保護者の皆様のご参加を得て、授業参観・懇談会・PTA総会を行いました。
今年度初めての授業参観で緊張し、いつもの調子が出ない子もいたようです。真剣に学習に向かう姿は、どのクラスでも見ることができました。

笠原消防署から指導者を招き、今年度第1回の命を守る訓練を行いました。
大きな地震が起こったとの訓練放送を聞き、机の下にもぐって身の安全を確保しました。
その後、給食室から出火したという想定で、運動場へ避難しました。

避難の様子を見ていただいた消防署の方から「丁寧にしっかり避難することができた。100点です。」とおほめの言葉をいただきました。
そして、「お・は・し・も」の確認をされました。子どもたちは、学級でも指導を受けており、意味についても理解してました。特に「も(戻らない)」については、「大切な物、大切なお金、大切な人であっても戻ってはいけない」とある意味厳しい指導を受けました。「自分が巻き込まれて自分の命を失うことになる」というのがその理由です。
また、「火事で避難するときに気を付けることは、煙を吸わないこと。身を低くし、口をふさいで避難する」ということも教えていただきました。

いつ起こるかわからない地震、どこで巻き込まれるのかわからない火事。
自分の命を自分で守るために、今回の命を守る訓練を通して考えてもらえればと思います。

多治見西ロータリークラブの主催で国際交流書画展示会が開始されました。ロータリークラブの役員の方々と一緒に児童代表2名もオープニングテープカットに参加しました。

この展示会には、昨年度の笠原小1年生から6年生まで絵画50人と書(硬筆・毛筆)50人の作品が展示されています。台湾の苗栗市のお子さんの書画もあわせて展示してあります。笠原の子の作品はもちろん、台湾の小学生の子の作品もご覧いただくと、台湾の雰囲気にも触れることができるのではないかと思います。

期間:4月20日(木)~4月27日(木)最終日は午前のみ
場所:駅北庁舎 1階ギャラリー(駅北庁舎正面入口左手にあります)

休日等を利用して、ぜひお出かけください。

 

1年生を迎える会を行いました。2年から6年の子たちは、自分たちの割り当てられた仕事をし、当日を迎えました。

3年生は、昨日1年生の教室を訪れて、「1年生を迎える会」の招待状を渡しました。もちろん招待状は3年生の手作りです。

4年生は「1ねんせいをむかえるかい」の看板を作りました。一文字一文字に気持ちが込められています。

6年生は1年生が首からかけるメダルを作成し、今朝一人一人の首にかけました。
5年生は会場の飾りつけと入場の際の花道を作りました。アーチをくぐって6年生に引かれた1年生が入場しました。

入場後は、各学級代表者による迎える言葉、2年生によるお祝いの発表と続きました。2年生は、台詞を言いみんなで替え歌を歌って1年生と仲良くしようと語りかけました。

それに対して1年生もお礼の言葉を分担して言い、元気に歌を歌いました。

ゲームでは、代表委員による学校紹介クイズでした。「笠原小学校の先生の人数は?」「笠原小学校の宝は、英語と挨拶と読書ともう一つは何でしょう?」「笠原小学校は全校で何人でしょう?」などなど。1年生には数が大きくて難しい問題もありました。それでも「赤だと思う人は赤に、白だと思う人は白に帽子の色を変えましょう」と言われると、1年生だけでなく、全校の子が一生懸命考えていました。

楽しい一時を過ごしながら、これから一緒に仲良くがんばっていこうと思っていました。

毎年、ボランティアの「読みきかせどりーむ」による読み聞かせを行っています。一年間を通して、各学級に計画的にお願いしています。今年度も今日からスタートです。初日の今日は、1・2年生で行っていただきました。子どもたちは目を輝かせながら、読み聞かせの内容にのめりこんでいました。

他の学級でも自分の選択した本を静かに読んでいました。

H29公表会のご案内 詳細はこちらへ

<期日>平成29年11月1日(水)

<会場>岐阜県多治見市立笠原小学校
※中学校の授業も笠原小学校で行います。

<日程>
9:45~    受付
10:25~11:15 公開授業Ⅰ(中学校授業)
11:25~12:10 公開授業Ⅱ(小中合同授業)
13:00~13:15 E活動  (小学校帯活動)
13:25~14:10 公開授業Ⅲ(小学校授業)
14:25~16:20 全体会  (挨拶、指導・講評、講演会)

2年生が1年生の手を引いて、行内の遊具の使い方や遊ぶ時に気を付けることを説明して回りました。途中で実際に遊びの体験をして、説明をよりわかりやすくしていました。

中でも一番の人気は「トンネル山」でした。説明の最後ということもあって、説明が終わるとどんどん登り、滑り台を使って滑り降りていました。すべて終わった後の自由遊びの時間になると、一番遠いトンネル山まで戻り、楽しい一時を過ごしていました。

昨年度末の6年生を送る会で4つ目の treasure(宝)として「掃除」を引き継ぎました。当時の5年生は意識して引き継ぎ、6年生になって4月のスタートから一生懸命掃除をしています。

まだ始まったばかりでこれからという姿も見られます。ただ、掃除の時間は静かです。どうして静かにする必要があるのか、どういう掃除の仕方がtreasureなのかということについてはこれからです。1か月後、1年後の掃除が楽しみです。

今年度の児童数は昨年度に比べ、22人減って328人でのスタートです。児童数は減っても掃除場所は減りません。長い廊下を掃除するのは6人、階段はほうき担当の子と雑巾担当の子の2人だけということも珍しくありません。それでもがんばって掃除をしています。4つ目のtreasureを目指して。

今日から1年生も一緒に集団登校をしました。あいにくの雨にもかかわらず、傘をさして上級生と同じように元気に歩いてきました。

先頭を歩く班長さんは、すぐ後ろを歩く1年生を振り返りながらゆっくり歩いていました。1年生を気遣っていることがうかがえました。

昼休みには、班長・副班長会が行われました。分団登校の意味を聞き、自分たちの命は自分たちで守らなければならないと再確認しました。次に、明朝の分団会の打合せを行いました。担当の先生の話をしっかり聞いている姿から、今年も安全に気を付けて登校できそうだと感じました。