多治見警察署の署員の方と交通安全協会の3名の方にご協力をいただき、低学年が交通安全教室を行いました。
はじめに、命を守るために気を付けることの話を聞きました。
横断歩道は歩行者が優先であるけれど、止まらない運転手もいるから注意すること。
横断するときには、手を挙げて、右、左、もう一度右の安全を確かめてから、信号が青であることを確認して横断すること。
その後、運動場にかかれた横断歩道を実際に渡る練習をしました。

渡り終わったときに止まってもらった運転手さんにお礼を言うことも教えてもらいました。渡る人も車を運転する人も気持ちよく過ごすことができれば、交通事故は少なくなると思います。
これからも自分の目でしっかり安全を確認し、自分で自分の命を守っていけるようにしたいです。