4月17日(火)、高根山散策にいきました。最近、気温も高くなり、ピンク色だった桜も、鮮やかな緑になりました。高根山も夏の植物が輝き、昆虫なども見えてくるようになりました。

「仲間とともに」を学年目標としている4年生。

仲間とともに計画を立て、与えられたミッションを達成しながら高根山に登りました。

ゆっくり歩いて仲間を気遣う姿。

「大丈夫?」と仲間に優しく声をかける優しい姿。

「こっちにあるよ!」とみんなで達成しようとする姿。

高根山散策をする中で、仲間の優しさに気づいたり、仲間を大切にしたりすることができました。

これからも学級の仲間、学年の仲間とともに協力をし、成長し続けたいという決意が深まった一日となりました。

 

4/6(金)、平成30年度がスタートしました。当日の朝、昇降口に新しい学年クラス名簿が貼られ、自分の新しいクラスを確かめました。

今年度9名の新しい先生方をお迎えすることになり、その着任式を行いました。

その後、今年度前期の始業式を行いました。児童と職員で計620人でのスタートとなりました。校長先生は、野球の大谷翔平選手の子ども時代の話から、どんなことも簡単に諦めないで、自分の夢に向かってがんばっていきましょうと、話されました。

教室に戻り、新しい先生と初めての学活を行いました。この先生と新しい仲間とがんばっていこうと思えたことと思います。

9日の午後には、入学式を行いました。新一年生81人が入学してきました。早く学校生活に慣れて、楽しい学校生活を送ってほしいです。

今年度もタイムリーな更新に努めていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

3/23(金)に、今年度の卒業式を行い、卒業生99名が巣立っていきました。これまでの6年間への感謝と新たに始まる中学校生活、これからの生き方への決意が感じられた立派な卒業生の姿でした。そして、この卒業式を在校生代表として準備から式の中での呼びかけ、そして片付けと陰から支えてきた5年生の姿も、卒業生への感謝と、4月から最高学年として全校をリードしていく決意が感じられました。

26日(月)には、今年度の修了式を行いました。一年間の集大成にふさわしい姿で臨むことができました。校長先生から5年生が代表で修了証をいただきました。4月からは一つ学年が上がり、新しい一年生を迎えます。

同じく26日には、これまで本校でお世話になりこの3月で離任される先生の離任式を行いました。お世話になった先生方をお別れすることは寂しいですが、子どもたちも先生方も新たな生活へのスタートです。新しい学校・生活の場でご活躍されることを祈お祈りしています。なお、離任者については、27日以降の新聞発表等でご確認ください。

今年度のホームページ更新も今回が最後です。しかし、緊急なお知らせ等がある場合はこの限りでありません。一年間、ご覧いただきありがとうございました。次年度もタイムリーな更新に努めていきたいと思います。

 

3/2(金)に、6年生を送る会を行いました。1~5年生はお世話になった6年生に感謝の気持ちを、思い出の場面の寸劇や呼びかけ、合唱を披露して伝えました。

そして、6年生代表から5年生代表への引継ぎの場も設けられ、通学班で用いる「班旗」などが、6年生の思いとともに引き継がれました。5年生は、会場の設営や会の進行など、6年生のために全校の中心となって準備をしてきました。ありがとうございました。

そして、最後に6年生が、この会へのお礼と在校生へ「根本小を託す」という思いのこもった素晴らしい合唱を聴かせてくれました。

また、会には地域の「安全パトロール」の方々もご来賓としてお招きし、6年生への餞のお言葉をいただきました。

6年生の卒業まであと数日。根本小学校での思い出をいっぱいにして、巣立っていってほしいです。卒業式は、3/23(金)に行います。

2/20(火)の昼休みの時間を使って、本校のクラブ活動の1つである器楽クラブが発表会を行いました。これまで1年間の練習の成果を多くの子どもたちの前で披露しました。
リコーダー演奏は「学校坂道」「あんたがたどこさ」を、合唱では「ふるさと」を歌いました。ひと月に数回しか行えないクラブ活動ですが、発表後聴いてくれた仲間たちから拍手をもらい、とてもうれしそうでした。

2/18(日)にヤマカまなびパークで開催された『たじみ環境フェア2018』に、4年生の代表の4人の子が参加しました。今年1年間をかけて学習してきた大原川に生息する生き物のことや、河岸の様子のこと、さらに、自分たちで作っていきたい未来の大原川の姿について、堂々と自信をもって発表できました。総合的な学習の時間で学んできた成果が生かされ、さらに未来へ目を向けて考えられた発表を、聴いてくださった多くの方々にほめていただけました。