1年生の下校の様子です。後期になり並び方も自分たちでじょうずにできるようになってきました。地区ごとに並び、全員がそろったら体操座りで座ります。先日の『命を守る訓練』で、「先生の話が聞けるように、集まるときはお口を閉じて。毎日下校時間が練習だね」という話のとおりに意識して並ぶことができていました。先生の方を向いて話を聞く姿勢、あいさつの姿、とてもステキでした。

本日の「命を守る訓練」は、子どもたちへ予告なしで、「緊急地震速報→地震発生→停電(放送設備使用不可)→調理場より出火」というシュミレーションで行いました。停電のため、笛を吹き(これから指示を出しますの合図)、ハンドマイクを使って避難指示を出しました。調理場からの出火のため、いつも使用する階段が使用できません。南舎階段を使って避難しましたが、スムーズにグラウンドへ移動することができました。いつ起きても、おかしくないと言われている『南海トラフ地震』。学校でも家でも「自分の命は自分で守る」を常に意識したいものです。

1年2組の体育は、「まとあてげーむ」を行っています。コートのエンドラインを斜めにすることで、近くからボールを投げることができ、まとに当てやすくなりました。チームで作戦を考えて「誰が、どこから、どのまとをねらうか」考えることができていました。まとにボールがあたり倒れた時は、どの子もとてもうれしそうです。以前よりボールの投げ方がじょうずになってきました。