今年は、コロナ禍のため体育館に全校が集まって「6年生を送る会」を行うことができませんでしたが、5年生が中心となってステキな「6年生を送る会」を企画してくれました。写真は、開始直前の放送室の様子です。「緊張した~」という声も聞こえましたが、昨日のリハーサルどおり、とてもじょうずに進行してくれました。

1年生から5年生まで感謝の気持ちを込めて綴った動画と6年生からのメッセージ、6年生から5年生への引き継ぎ式が行われました。心に響くとてもステキな動画。ありがとうの気持ちがどの学年からも伝わってきました。

終了後、6年生に感想を尋ねると「動画、すごかったです。」「感動しました。」「今年は、華やかだなあって思いました。」という感想が聞かれました。いつもと違う「6年生を送る会」でしたが、感動的な会となりました。

1年生とひばり学級で、来年入ってくる新1年生が楽しくなるよう『廊下掲示』を作っています。桜やチューリップの花。春の花の中で友だちとなかよく遊ぶ様子をあらわしています。よく見ると、昨年設置されたスカイロープで遊んでいる様子もあります。見ているだけでも、とても楽しくなります。

3月5日に行われる「6年生を送る会」に向けての準備の様子です。今年は、新型コロナウイルス感染症のため体育館に入って、全校で「6年生を送る会」を行うことができません。しかし、お世話になった6年生に気持ちを届けたいとどの学年も工夫を凝らして頑張っています。写真は、6年生に教えてもらったことを動画に撮って感謝を伝える一場面です。どの子も「6年生に感謝の気持ちを伝えたい」と一生懸命です。

1年生では、『連絡帳に時間割をきれいに書くこと』に取り組んでいます。次の日の1時間目から5時間目の教科と学習内容を、「枠の中に字が収まる」ように、「丁寧な字で書く」ように頑張っています。どの子も先生が書いた黒板をしっかりと見て、丁寧に書き写していました。