セアカゴケグモが「旭ヶ丘運動公園」、「弓道場の上の児童公園」で見つかりました。セアカゴケグモには毒があります。かまれると針で刺したような痛みがあり、やがてかまれた部分のまわりが赤くはれ、痛みがしだいに全身に広がっていきます。悪化すると、多量の汗をかいたり、寒気、吐き気などの症状があらわれることがあります。いる場所は、排水溝の側面やフタの、花壇まわりのブロックのくぼみやあな。プランターと壁の隙間。自動販売機の裏、クーラー等の室外機のなどだそうです。素手では絶対にさわらないようにしましょう。

本日から「教育実習」の先生が北栄小にみえました。2週間という短い期間ですが、1年2組に入って、1年生の子達と一緒に過ごします。学習や遊びを通して1日目から子どもたちは大喜びです。ステキな2週間になるといいです。

コミュニティースクールの委員の方と校務員さんで子どもたちの通学路の除草作業をしていただきました。夏の間に伸びた草でしたが、わずかな時間にとてもきれいになりました。毎朝、みんなが使う道路。きれいになるとそこを通る人の気持ちもすがすがしくなります。暑い中、子どもたちのために、ありがとうございました。

北栄小は、今年40周年を迎えます。プールも古くなっているので少しずつ改修工事が行われています。今、行っている工事はグラウンド側のフェンスを新しくする工事です。ほぼ出来上がりました。今年は、「プールの塗装」「フェンス」、来年は、プール開きまでに「プールまわり」を新しくする予定です。来年の夏が楽しみですね。

6年生が体育館で集団行動の練習を行いました。「礼!」「回れ右!」「右向け右!」先生の号令で、素早くそろった動きを見せると、今日は、縦や横の交差にも挑戦しました。緊張感の中にもやる気のみなぎった空気感で、きれいに動きが決まると拍手がわき起こりました。10月1日の体育参観に向けて、今後も動き、足音、心のそろった集団行動を目指して練習を重ねていきます。