本日午前、来年度入学される保護者を対象に「入学説明会」が行われました。検温・アルコール消毒・ソーシャルディスタンスにご協力いただきながら無事終えることができました。入学まであと一ヶ月ほど、かわいい1年生の元気な笑顔を見るのが、今からとても楽しみです。

本日の朝活動は「校長先生のお話」と「3月のめあて」、表彰を行いました。校長先生からは、「今〇ら」のお話を聞きました。〇の所の字を変えると言葉の意味が大きく変わり、その先の結果も大きく変わることを教えていただきました。「今さら」は、投げやりやあきらめかけた後ろ向きな気持ち。「今から」は、希望、期待、さらには来年度につながる新たな目標が見えてきます。「今なら」は、決意、勇気、行動、一歩踏み出す意思のある言葉になります。締めくくりの3月として、「今から」「今なら」を大切にしていきましょうと教えていただきました。

表彰は、多治見市教育委員会教育長 渡辺哲郎 様よりいただいた『教育長賞詞』を校長先生がかわって表彰されました。コロナ禍のため放送による表彰です。地域で活躍する「北栄地区まちづくり市民会議ボランティア」の3人に賞状とメダルが贈られました。3人は、地域のために日々活動して頑張っています。地域のために動く姿、とてもステキですね。

土曜日に業者の方が「仮設トイレ」基礎部分を撤去し、子どもたちにとって危なくないように整地してくださいました。これで、下校時にひなたやま方面に行く子たちは、通りやすくなります。ありがとうございました。また、PTA資源倉庫の前も広くなり、資源が入れやすくなりました。3月も「資源」を引き続いて受け付けます。よろしくお願いします。

6年生は、卒業プロジェクト第2弾として、「地域を美しくして感謝の気持ちを伝えよう」と地域清掃を行いました。グループごとに、ひなたやまコース、県営・市営コースに分かれて、ゴミを拾いました。「あ、こんなところにペットボトルが!」「ここにも缶が捨てられている!」どの子も一生懸命拾い、ひっつき虫が服に付くのもかまわず、草むらに入り込み、袋一杯のゴミを拾いました。ぼろぼろになった傘、タバコの吸い殻、中には扉の枠などの大きな物も。掃除中に出会った地域の方には、進んで挨拶をし、「すごいね。そうじしてくれてうれしいわ。ありがとう!」と声を掛けてもらいました。「たくさんのゴミを拾って大変だったけど、気持ちいいね。もっときれいにしたい!」と美しくする爽快感を味わった子どもたち。「地域への感謝」という大切なことも学んでくれたようです。

4年生の4時間目体育は、学年体育で「短縄」に取り組みました。「頑張れ~」、「ガンバレ!、ガンバレ!」と職員室まで応援する声が響いてきます。グラウンドに行くと最後まで引っかからずに跳ぶ子にみんなで大きな声援を送っていました。終了時間が来ると大きな拍手。最後まで一生懸命がんばる姿と声援、ステキな姿です。