図書ボランティアの方に、朝読書の時間、ひばり教室へ読み聞かせに来ていただきました。ふだん自分が借りて読む本とは違い、他の人に読んでいただくと本のジャンル、内容も広がります。新しい発見もあって、とてもいい企画だと思います。

また、図書ボランティアのメンバーのみなさんで「本の修繕」、「ゆめの木:冬バージョンへの衣替え」を行っていただきました。いつも、お忙しい中、子どもたちのために図書館整備をしてくださりありがとうございます。

ひばり学級の子たちが、地域の人たちが集まる「ふれあいサロン」で、収穫した「だいこん」と「ポップコーンのたね」を販売しました。大根1本50円、ポップコーンのたねは、一袋20円とあって、みなさん「安いわね~」とたくさん買ってくださいました。ご協力ありがとうございました。

朝活動の時間に「冬休み前の全校朝会」が行われました。校長先生から「新型コロナウイルス感染者数が減り、5年生の宿泊研修、6年生の修学旅行、社会見学が無事にでき、笑顔いっぱいの学校が戻ってきたことが本当によかったです。これからもマスク着用、アルコール手指消毒、ソーシャルディスタンス、毎日の検温、チェックカードを続け、健康管理に注意していきましょう」という話を聞きました。

生徒指導の安藤先生からは、「冬休みの生活」について、①氷や凍った雪を投げるのは危険です ②お金はの人と相談して使いましょう ③インターネットには、個人情報(名前、悪口、写真等)をアップしないように という3つの話がありました。

今年一年、保護者のみなさま、地域のみなさまには、北栄小の教育活動にご理解、ご協力いただきありがとうございました。来年も、よろしくお願いいたします。皆様、よい年をお迎えください。

ひばり学級では、畑で大きく育った「だいこん」を収穫しました。収穫した大根は、職員室や地域の方に買って頂き、収穫したお金で次に育てる野菜の苗を購入する予定です。大きく育ちましたね。