養正小学校の桜

最近、戦後一斉に植えられたソメイヨシノが衰弱してきていることが、全国的に問題となっています。桜の名所といわれる場所では、60年を過ぎた桜に対ししっかりと手入れすることで樹勢回復を図ったり、新しく計画的な植樹をすすめたりしているところもあるようです。養正小学校でも、今後専門家のアドバイスを受けながら、安全で美しい学校環境を維持するよう、取り組んで参ります。

学校報 平野ケ丘 第12号

今、子どもたちは「養正クリーン活動」の活動を進めています。これまでに通学路、遊び場、生田川のごみ調査をしました。集めたゴミを見て、自分たちが思っていたよりもごみが多かったこと、特にポイ捨てのゴミの多さに驚きました。今後は、養正地区をきれいにするために、自分たちにどんなことができるのかを考え、クリーン活動を行っていく予定です。

5年生 学年通信 2月3日号