養正小学校の桜

最近、戦後一斉に植えられたソメイヨシノが衰弱してきていることが、全国的に問題となっています。桜の名所といわれる場所では、60年を過ぎた桜に対ししっかりと手入れすることで樹勢回復を図ったり、新しく計画的な植樹をすすめたりしているところもあるようです。養正小学校でも、今後専門家のアドバイスを受けながら、安全で美しい学校環境を維持するよう、取り組んで参ります。

学校報 平野ケ丘 第12号

「あいさつ」が学校課題です

学校評価にかかわる保護者アンケート調査の中で、肯定的評価が5割に届かなかった項目が、「養正の子は、気持ちのよい元気なあいさつができていますか」でした。後期の重点を「あいさつでまちを元気に!」とし、取り組む中で12月になって少しずつ、あいさつの声が大きくなってきました。今後も、家庭や地域で「まず大人から声をかける」あいさつを大切にし、元気なあいさつがあふれる地域にしていきたいと思います。

学校報 平野ヶ丘 第11号

明日から2週間の冬休みです。年末の大掃除は、おそらく家族で取り組まれることでしょう。その時、声を掛け合うことができる場所で一緒に活動することが重要です。子どもだけで活動するよりも、家族の姿を見ながら、話しながら掃除をすることで、子どもは成長しますし、保護者も子どもの成長を確かめることができます。

学校報 平野ヶ丘 第10号

11月6日、育友会保健環境部主催で、学校奉仕作業を実施して頂きました。保護者・児童合わせて197名の皆さんにご参加頂き、普段の掃除では手が回らない蛍光灯のかさや、トイレの換気扇まできれいにして頂きました。また、おやじの会の皆さんには、重い机や棚などの移動や、運動場の側溝のコンクリート蓋を上げて、土砂を取り除く作業をして頂きました。本当にありがとうございました。

学校報 平野ヶ丘 第9号

季節の変わり目のせいか、体や心の不調を訴える子どもが増えてきました。特に、週の初めは保健室が混雑します。調子の悪い子どもからよくよく話を聞いてみると、週末に2日ともお出かけをして疲れたとか、夜11時頃まで夜更かしをして朝起きられず、朝ご飯を食べて来なかったという話を聞きました。体調を崩しやすい季節の変わり目です。早寝・早起き・朝ご飯で体調を整えたいものです。

校報 平野ヶ丘 第8号

今回、このような状況の中でも、運動会を無事にやりきることができた要因は2つあります。ひとつは、子どもたちの頑張りです。もうひとつは、育友会役員を中心とした保護者の方々の力です。運動会を通して、改めて養正小学校の子どもたちと保護者の方々、地域の方々の素晴らしさを感じました。本当にありがとうございました。

校報 平野ヶ丘 第7号

夏休みが明け、養正小学校もいよいよ運動会に向けて取り組んでいます。5・6年生は夏休みの最初の3日と最後の2日にも鼓笛の練習をしました。応援団と執行部も夏休みから運動会の準備を始めています。9月24日の運動会当日に向けて、競技や演技の練習に力が入ります。ご家庭でも児童の体調が整うようにご協力をお願いいたします。

校報 平野ヶ丘 第6号

39日間の夏休みが始まります。「よかった」「楽しかった」と言える夏休みにするためのポイントが3つあります。それは、「毎日続けて物事を行うこと」、「人にために何かをすること」、「誰かと一緒に思い出を作ること」です。是非取り組んでほしいと思います。8月29日には元気に登校してほしいと思います。

校報 平野ヶ丘 第5号

「あいさつで絆の日」の7月1日には、まちづくり市民会議の皆さんに加え、多治見高校の生徒の皆さんも一緒になってあいさつ運動をして下さいました。普段から「さわやか挨拶」に取り組んでいる養正小学校ですが、小学生だけでなく、高校生・保護者・地域の方々と一緒に活動することで、誰にとってもあいさつは大切なことなんだと改めて実感できた日でした。

校報 平野ヶ丘 第4号