7月13日(金)にお誕生日会を行いました。4月~7月までのお友達をお祝いしました。

誕生日実行委員の6人が、輪飾りのプレゼントをしてくれたり、新聞ジャンケンを計画してくれたりして盛り上がりました。

誕生日の子ども達は、「後期頑張りたいこと」をみんなの前で発表しました。2年生全体として、後期に向かう意欲が高まりました。

2回目のペア学級遊びをしました。

1・6年生のペアは「しっぽ取り」を行いました。

ペアで手を繋ぎ楽しく、逃げたりしっぽを取ったりしていました。「じゃんけん昭和城」では、「王様に勝った!!」と喜ぶ姿がみられ、1年生も6年生も仲良く楽しく遊び、笑顔あふれる時間となりました。

3・4年生のペアは、「新聞ジャンケン」を行いました。王様ジャンケンにまける度に新聞の面積が半分になっていくので、新聞から落ちないようにペアで知恵を出し合って新聞の折り方を工夫していました。

2・5年生のペアも、「新聞ジャンケン」を行いました。5年生が優しい声をかけたり、おんぶをしてくれたりしたので2年生の子たちは笑顔で楽しんでいました。

6月8日(金)に、生活の学習で「TYK体育館」へ行ってきました。遠い道のりでしたが、頑張って歩く子ども達の姿がありました。

体育館では、「剣道場」「卓球室」「第1体育館」「第2体育館」「トレーニング室」を見学しました。特に、「第1体育館」の大きさにビックリしている子が多く、高い天井を見上げている姿が印象的でした。

最後の職員の方への質問タイムでは、「TYKではどんなスポーツができますか」「1日にどれくらいの人が来ますか」「仕事をしていて嬉しいことはなんですか」など、学習の中で出てきた疑問を積極的に聞いていました。

子ども達の中で「卓球をやりに来てみたい」と言っている子もいました。機会があれば、お子さんと行ってみてください。

6月1日に、たんぽぽ班の方々から下校時に大切な5つの約束の、①ひとりにならない、②ついていかない、③おおごえをだす、④ちがづかない、⑤はなしをする「セーフティファイブ」を教えていただきました。

特に、④のちかづかないというお話しの中で、新聞紙を丸めて持った長さが不審者から逃げることのできる「命を守る距離」だということを説明していただきました。実際に、代表の児童が逃げる様子を見せるなどして、具体的にどう逃げるかもイメージすることができ、とても勉強になる1時間でした。ご家庭でも、「もしもの時にどうするか」を相談してみてください。

1,2年生は、5月16日に学校探検を行いました。2年生はこの日に向けて、教室の秘密が伝えられるように準備してきました。そして、本番では1年生の手を引いて教室の説明をすることができました。

1年生からも「楽しかった!」という声がたくさん聞かれ、より昭和小学校を好きになれました。

2年生は、5月15日に生活科の授業でさつまいもと野菜の苗を植えました。「大きくなってね」と声をかける子ども達の姿も見られて、とても充実した時間になりました。自らが選んだ野菜のお世話をすることで、成長の様子を学ぶことはもちろんですが、生き物を大切にする心が育っていくことを願っています。

 

2年生は、4月12日に生活科の授業で土岐川へ「春見つけ」へ行ってきました。春になると見つけることができる「タンポポ」「つくし」などの植物や「テントウ虫」「バッタ」などの昆虫を観察し、観察カードにまとめました。

観察を通して、写真で見るだけでは分からない、「におい」や「手触り」を感じることができ、生活科の授業のよいスタートをきることができました。

ここのところ雪が降ったり、連日のように朝晩の気温が氷点下であったりと、冬の到来を目でも肌でも強く感じるようになりました。

12月15日。

2年生の子たちが、生活科「うごくうごく わたしのおもちゃ」の学習でダンボールやペットボトル、輪ゴムなどを使って、みんなが遊べるおもちゃを製作しました。

そのおもちゃで遊んでもらえるように、おもちゃフェスティバルを開催し、1年生を招待しました。

ゴムの力や風の力で動くおもちゃなど、たくさんのおもちゃに囲まれ、1年生は大興奮で楽しむことができました。

「まだまだ遊びたい!」と笑顔がいっぱいで、大成功のおもちゃフェスティバルでした。

10月19日(木)に、生活科見学で名古屋港水族館に行ってきました。

イルカショーでは、満員御礼のスタジアムで、イルカたちのスーパージャンプを見晴らしのよい最上段の列で立って見学をしました。フリスビーをジャンプでキャッチする見事な演技を見て、子どもたちから拍手と大歓声が沸きました。


その後は、おうちの人が作ってくれたお弁当を、友だちとおいしく食べることができました。


館内では、大迫力の水槽を泳ぐイルカやシャチ、ベルーガ、イワシのトルネードを見たり、小さな水槽をプカプカと優雅に泳ぐクラゲやチンアナゴをじっくり観察したりしました。普段見られない生き物を見て、子どもたちはとても喜んでいました。また、タッチタンクでは、手で直接ヒトデやヤドカリ、ナマコを触るなど、貴重な体験をすることができました。

梅雨も真っ只中、どんどん気温も高くなり始め、多治見の夏を実感している今日この頃。

1年生と2年生が、生活科の学習交流で、「ダンゴムシフェスティバル」を行いました。

2年生は今までに学習してきたダンゴムシの生態を、1年生にわかりやすくクイズ形式で発表したり、大切に育ててきたマイ・ダンゴムシを自作の迷路に放ち、1年生に説明しながら虫めがねで動きを観察したりしていました。