天気も良く紅葉もきれいな中、社会科見学で明治村へ行きました。社会科で学習した明治の文化を詳しく学ぶことができました。班行動では、みんなで協力して地図を見ながら計画的に回ることができました。明治村で学んだことをこれからの学習にも生活にも生かしていきます。


立冬を迎えましたが、日中は汗ばむ陽気になった11月7日。

3年生は食育と国語科の横断的学習として、「豆腐作り」を行いました。

国語科「すがたをかえる大豆」で、大豆がいろいろな食品へと姿・形に変化することを勉強しました。

しかし、いざ大豆が豆乳へ。豆乳から豆腐へと姿が変わっていくのを目の当たりにすると、教室中から感嘆の声があがりました。

給食の時間に、自分たちが作った豆腐を食べると、「お店の豆腐と全然ちがう!」とみんな大喜びでした。

待ちに待った東山動物園見学。全員、元気に動物を見学しました。

途中から、グループごとに見学しました。みんな、グループで声を掛け合い、見学する順番を地図で確認しながら、嬉しそうに見学する姿に、大きな成長を感じました。

11月5日(月)に、夏前から育てていた、サツマイモを収穫しました。今年は猛暑が続いたこともあり、サツマイモが大きく育っているか心配していました。

加納先生から、収穫のやりかたを聞き、協力して行いました。掘っていくと小さい物もありましたが、大きな物もたくさんあり子どもたちも「3つもつながってたよ!」「大きいのが出てきたよ!」などの声も聞かれて、たのしそうに取り組むことができました。

また、収穫する際に「なかなか取れない」「掘ることが大変だった」という声もたくさん聞かれました。これを学びのチャンスと捉えて、ご家庭でも食べ物の大切さや、作り手への感謝を伝えていって欲しいと思います。

11月3日(土)に多治見まつりに参加しました。たくさんの方の声援を受け、約1時間5分という長時間の演奏をやりきることができました。

次はこの伝統を5年生に引き継いでいってもらえるように、しっかりそれぞれの楽器の魅力を伝えていきます。

昭和小学校の代表として多治見市の音楽祭に参加しました。

子ども達は多くの人の前で緊張もしていましたが、今まで練習してきたこと、先輩方から引き継いだことを生かして最後まで一生懸命演奏することができました。他の学校の演奏にも聞き入っていました。これからは、来週の多治見市パレードに向けて、取り組んでいきます。

10月18日(木)に生活科見学で、名古屋港水族館へ行きました。天気にも恵まれて、子ども達もワクワクした気持ちで出発することができました。

予定通り着くことができ、初めにイルカショーを見ました。イルカの跳ぶ姿に子ども達は歓声を上げていました。グループ見学でも途中で迷子になることもなく、様々な生き物を観察することができました。熱心に絵を描く姿も印象的でした。また、来週には見学で観察した生き物の中から粘土を使って作品を製作します。他教科とのつながりも意識したよい見学となりました。

秋晴れが本当にすがすがしい10月16日。

3年生が社会科「店ではたらく人」の学習で、地域のスーパーマーケットであるコープ岐阜に見学に行きました。

お店ではたらく人の様子やお店の工夫を見学したり、店長さんや副店長さんにたくさん質問したりと、興味をもったこと、調べてみたいことを積極的に学習することができました。

ガサガサ探検や、土岐川観察館の方からお話いただいたこと、本やインターネット等で調べたことをもとに、3年生が2年生にむけて発表会を開きました。

長い時間をかけてまとめてきたことの集大成ということもあって、3年生の子どもたちは前日まで、「どんなことを話そうか」や「時間内に発表が終わるのか」ということを考え、緊張した面持ちで発表会に臨んでいました。

発表を聞く2年生は、うなずいたり、感想を言ったり、質問したりと、初めて知る土岐川のことに興味いっぱいという様子でした。

先輩として、よいお手本となる姿を見せた3年生。

その姿にあこがれる2年生。

どちらにとっても、様々なことを学ぶことができた1時間でした。

 さわやかな秋晴れで、後期がはじまりました。

 前期の終業式に、学校長が「夢・目標」をもって登校することを子どもたちに宿題として出しました。

始業式で学校長が各クラスの子どもたちにインタビューをしに行くと、多くの子どもたちが挙手し、「どのように後期を過ごすか」や「自分が将来なりたいもの」を発表しました。

「自分が立てた目標に向かって頑張り続ける昭和っ子」を目指して、子どもたちと頑張りたいと思います。