しとしとと降る雨が一転、音を立てて激しく雹(ひょう)が降った1月9日。

1年生は、新年の目標を文字に込め、書き初め会を行いました。

ひらがな・カタカナ・漢字…と書くことをひたすら練習してきた9ヶ月間でしたが、書き慣れた字でも一画一画丁寧に、集中して書く姿が見られました。

文字通り、『一筆入魂』の1時間でした。

気持ち新たに、今年も頑張っていきます。

今年もよろしくお願いします。

ここのところ雪が降ったり、連日のように朝晩の気温が氷点下であったりと、冬の到来を目でも肌でも強く感じるようになりました。

12月15日。

2年生の子たちが、生活科「うごくうごく わたしのおもちゃ」の学習でダンボールやペットボトル、輪ゴムなどを使って、みんなが遊べるおもちゃを製作しました。

そのおもちゃで遊んでもらえるように、おもちゃフェスティバルを開催し、1年生を招待しました。

ゴムの力や風の力で動くおもちゃなど、たくさんのおもちゃに囲まれ、1年生は大興奮で楽しむことができました。

「まだまだ遊びたい!」と笑顔がいっぱいで、大成功のおもちゃフェスティバルでした。

気付けば朝の気温も0度近くになり、寒さもますます増してきた12月7日。1年生は、生活科の「つくろう、あそぼう」の授業で、秋に見つけた木の実や葉で作ったおもちゃを使って、秋祭りを行いました。

「来年入学してくる子たちを楽しませるぞ!」と、はりきって練習に取り組んできた2週間でした。

「練習して自信満々!」意気込んでいた1年生の子たちでしたが、いざ幼稚園の子たちを迎えると、一気に緊張ムードになりました。

しかし、幼稚園の子たちを案内したり、おもちゃ屋さんの説明をしたりするうちに緊張もなくなり、楽しみながらも一生懸命店員さんとして頑張っていました。

最後に、幼稚園の子たちの笑顔と「楽しかったよ!ありがとう」の声で、秋祭りは大成功に終わりました。

1日中、ポカポカ陽気に恵まれた11月2日。

1年生は、太平公園に探検に行きました。

春に探検したときとは、景色がまったくちがっていて、

子どもたちも「はっぱが真っ赤だー」「木の実がたくさん落ちてるー」と、到着早々話していました。

1時間ほど、生活科でおもちゃ作りをするための材料となる木の実や葉など、たくさん集めて学校に戻りました。

文字通り、秋の実りいっぱいの探検でした。

 

12日(木)に楽しみにしていた生活科見学に行ってきました。子ども達は、グループで役割分担をしたり見学の順番を相談したりしながら見学の仕方について相談し、とても楽しみにしていました。当日は、どのグループも声を掛け合って、楽しく見学することができました。



ついこの間まで、茹だるような暑さだったのが、とたんに朝夕に肌寒さを覚える初秋。

1年生は、生活科の授業で、学校前の土岐川周辺の遊歩道にやってきました。

先日の台風で、虫たちが流されていないか心配でしたが、子どもたちは

文字通り草の根をかき分けて、いたるところから虫や草花を見つけていました。

大物が見つかると、「とったぞー」という声や「ここにたくさんいるよ」という

声がいたるところから聞こえました。

梅雨も真っ只中、どんどん気温も高くなり始め、多治見の夏を実感している今日この頃。

1年生と2年生が、生活科の学習交流で、「ダンゴムシフェスティバル」を行いました。

2年生は今までに学習してきたダンゴムシの生態を、1年生にわかりやすくクイズ形式で発表したり、大切に育ててきたマイ・ダンゴムシを自作の迷路に放ち、1年生に説明しながら虫めがねで動きを観察したりしていました。

最高気温が30度近くになってきました。まだ5月だというのに、夏を感じさせる暑さですね。

1年生では、5月の中旬から朝顔を育てています。

金曜日までは、芽が出ている子は数人……という様子でしたが、週を明けて見ると、ほとんど全員の朝顔がかわいらしい双葉を広げていました。。

これから夏に向けて、毎日水やりと観察をしていきます。

いつ花が咲くのか、楽しみです。

今日、生活科の授業で学校探検を行いました。

昨年度、今の3年生にリードされながら学校中を歩いた2年生が、

今年はリードする立場で1年生を案内する姿に、頼もしさを感じました。

1年生は、初めて1階から4階までのすべてのフロアを歩き、小学校には

「いろんな教室があるんだなぁ」と好奇心いっぱいの顔で探検することが

できました。

2年生のみなさん、ありがとうございます。

ここ最近の五月晴れから、しとしとと雨が降り続けている5月10日。

今日は、1年生と6年生でペアの顔合わせがありました。

6年生のお兄さんお姉さんたちとペアになり、名刺交換をした1年生は、

早速6年生に名前を覚えてもらい、一緒に新聞じゃんけんで親交を深め

ました。

1年生は今まで掃除前に下校していましたが、今日が初となる「掃除」

を体験しました。掃除のチャイムの並び方からほうきやぞうきんの使い方

まで手取り足取りで丁寧に教えてもらった1年生の子どもたちは、楽しそ

うに掃除に取り組んでいました。

今までの6年間で培ってきた掃除の技を、6年生が自信をもって教える

姿は、さすが「昭和のペア掃除」の伝統を引き継ぐ最高学年と呼べるもの

でした。