2月14日(水)本日は参観日です。平日のお忙しい時間帯でしたが、多くの保護者の方にご参観いただき有難うございました。

1A:数学「空間の図形」 授業開始から、先生のマジックにかかり、スピード感ある授業にまんまとかかってしまった生徒たち。頑張れ~😅

  

1B:理科「大地の変化」 地層の成り立ち方や地震による大地の変化を学びました。まさに今年発生した、能登半島地震の原因も少し理解でき、自然の驚異を感じた授業でした。⛰️

 

3A: 音楽「曲のよさをプレゼンしよう」 グループに分かれ「押しの曲」を発表しました。①曲の特徴  ②曲に秘められた作曲者の想い ③なぜこの曲が「押し」なのか等々・・・普段見られない熱い思いでプレゼンしてくれました。👏👏

 

3B:理科「地球と私たちの未来のために」 環境問題を取り上げ、近年の温暖化について原因を探る。二酸化炭素の放出と吸収のバランスが崩れると、その後、私たちの未来にどうかかわっていくのかを学びました。🪴

 

C・D組:体育「卓球 球の動きを調べる」 タブレットで球の動きを撮影し、自分の球の動きを分析しました。卓球台に球をあてる位置を変えるだけで、球の動きが変化します。🏓

   

2年生は伊藤弘志講師をお招きし、「今、考えること・やるべきこと」この4月から受験生となる生徒へ、進路講演会を行っていただきました。

  

「9年間皆勤」の生徒が東濃新報から取材を受けました。

 今年度の皆勤賞は、河尻結人さん倉地英匡さん井上凛香さん波瑚想さん玉置冬芽さん中嶋健人さん以上6名です。小学6年生の頃からコロナ感染が拡大し、行事が縮小され思うように進まなかったり、授業のやり方が変わったりとその都度、職員や仲間たちと話し合ってきました。また、家族の支えがあって乗り越えられた9年間だったと思います。

写真のポーズ「POWER!💪」は、後輩たちへ引き継ぐ良き力となることは間違いないでしょう。

💐9年間皆勤おめでとうございます!

 

 毎年、笠原中学校では「3年生と語る会」が行われています。学校内の生徒を班ごとに縦割りにし、各班の意見を取りまとめます。司会進行は2年生代表が担当します。「分科会」で意見を取りまとめ「全大会」で発表する流れです。

★分科会各班(6つのグループ)ごとに分かれ、3年生と意見交換をします。3年生はこの三年間で学んだ経験をもとに、後輩たちへアドバイス・経験談などを話しをし、1・2年生が3年生へ質問をする。と言うスタイルです。どんな本音が出るのか楽しみです。

各班をのぞいてみると・・・・・

                  

1・2年の生徒からは、委員のリーダーになって気をつける事3年生になってやらなくてはいけない事勉強の時間など多くの質問が飛び交っていました。3年生はひとつひとつ丁寧に回答していました。

★全大会:各班で集約した意見を学年代表が発表します。

■「1年生から3年生へ」・・・入学してから、学校生活の仕方・ルールなどを教えていただいた。3年生自ら率先して私たちのお手伝いしてくださった。委員会ではプレゼンしながら発表されていたので、自分も出来るようになりたいと感じた。行事では3年生が一番声を出し、みんなを引っ張っていた姿に感動した。私たちも2年生と協力して、笠中を引っ張っていきたいと感じた。

■「2年生から3年生へ」・・・後輩から信頼される3年生になりたい。どんなときでも一生懸命やられている姿にあこがれていた。自分も3年生のように憧れられるよう頑張っていきたい。先輩たちから学んだことを後輩へ伝えていきたい。合唱発表会でも大きな声で楽しく歌っている姿に感動しました。3年生の団結力はうらやましかった。自分たちも3年生のように、後輩たちを引っ張っていく力を身につけていきたい。

■「3年生から1・2年生へ」・・・3年生になって1・2年の時よりも勉強を頑張った。学習に対する態度も良くなり仲間に教えられるようになった。日常生活でも後輩に良い姿を見てもらうよう声掛けができるようになった。受験に向けて頑張って欲しい。笠中の良い伝統を引き継ぎ、後輩たちを引っ張って行って欲しい。

責任感や他人への思いやりや、優しさは3年生になると自然に芽生えてくるものではなく、日常生活の中で意識し生活して身に付くもの。それを気付くのが最高学年であり、学校生活を振り返った時にわかるもの。3年生はそれに気づき、口に出して言えるようになり、それを後輩へ継承していく「3年生と語る会」感動的でした。

★地域に根づく「ふれ愛食堂」のボランティア活動が教育委員会から表彰されました。表彰されたのは、3年生:黒田彩七さん中嶋歩由莉さん古田樹音さんです

   

「ふれ愛食堂」は笠原公民館の活動に合わせて、毎月1回開催されています。表彰された生徒に、インタビューしてみました。

■今回の表彰はどんな気持ちでしたか?

→「めちゃくちゃ緊張しました。」「うれしかった。やってきて良かったと思った。」

■ボランティアをしていて良かった点はありますか?

→「地域の人に色んなことを教えていただいたり、会話ができたり、料理も作れるようになったこと」

■1年生からボランティアをしていると聞きましたが、何故続けられるのですか?

→「いろいろなボランティアをしてきたけど、自分が一番楽しんでやっているから続けられてきた」

笑顔で答えてくれました。最初はどう動いていいのかわからず戸惑っていましたが、地域の人たちが親切に声をかけていただくうちに、今では自分から動けるようになったそうです。

仙石教育長からは、「今後は色々な職業に就くかと思います。働いて給料をいただく事も必要ですが、ボランティアが社会の一員として参加をし、社会を支えていく必要があります。ここで終わらず、継続的にボランティア活動をお願いしたいです。」とお話いただきました。

■「ふれ愛食堂 ボランティアの様子」

1月17日(水)命を守る訓練が行われました。

 昼休みに外で遊んでいる生徒教室で話をしている生徒廊下を歩いている生徒と状況は様々です。1月1日の夕方家族の携帯やTVで鳴らされたサイレンが校舎内に響きます。校内放送で「地震です。避難してください。教室にいる生徒は机の下に・運動場にいる生徒は安全を確認し避難するように」その後、「火災です。1階調理室から火災が発生しました。避難経路に従って運動場へ避難してください」とアナウンスされました。防空頭巾をかぶって外に出る生徒・足をケガしている生徒に気遣いながら運動場へ出る教員。

 運動場へ各学年ごとに並び、生徒達で点呼を取っている場面も見受けられました。訓練とわかっているものの、今までの訓練とはどの生徒も違った顔つきでした。この地域は、南海トラフ地震の影響が強いと言われています。自分の命は自分で守れるよう力をつけて欲しいです。

 29年前の今日、阪神・淡路大震災が発生いたしました。あの時の爪痕はほとんど見られなくなりましたが、その時に失った大切な命は戻ってきません。自然災害に負けないよう普段から家族と「緊急時の対策・避難場所」などを確認しておく事が最も大切であると感じました。

    

 

 旧年中は、本校の教育活動に温かいお支援とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。新年を迎え、新たな気持ちで164人の生徒たち、職員一丸となって、安心・安全な『はあとふる』学校づくりを目指していきます。どうぞよろしくお願いいたします。(C組紙コップタワー)

 

 1月5日(金)多治見市の連合生徒会が開催されました。各学校が抱えている問題点・目指している姿を共有し、意見交換の良い機会となりました。

  

 1月9日(火):笠原中学校として「第5期」がスタートしました。

冬休み後の集会で、学年代表が話をしてくれました。

1年生:目標として挙げてきた項目の中で、出来ているものは継続し、出来ていなかった項目について、改めて認識し3月までの課題として改善していきたい。

2年生:今までの取り組みを継続し、下級生から信頼される上級生になれるよう努力していきたい。仲間を大切にし、自分たちで考え・行動し、自分自身が開花できるような取り組みをしていきたい。

3年生:目前に控えている受験を真剣に頑張りたい。わからない点を克服し、自信をもって受験に臨みたい。周りの人たちへの感謝を忘れずに、残り2か月共に過ごしていく友人と充実した学校生活を送りたい。後輩たちは、3年生から学べる姿を見て成長して欲しい。

   

校長先生の話:元旦に起きた「北陸地震」を教訓に、「自分が出来る事・自分がすべき事」を常に考え生活していく必要があります。当たり前の生活に感謝をもって、各々の力を精一杯出して欲しい。 又、4月当初から行っている「学校生活アンケート」の項目についてもフィードバックし、生徒たちへの意識づけが確実に出来てきている事などをお話いただきました。

この度の地震で、犠牲となられた方々にお悔やみ申し上げると共に、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地域の1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

12月2日(土)笠原地区幼保小中一貫教育が行われました。

★一貫教育の柱「学習活動」「英語活動」「読書活動」「心づくり活動」について全学級で授業を公開しました。午前中は笠原幼稚園笠原保育園笠原小学校でも沢山の保護者の方々が参観されました。

     

笠原地域全体の参観は、保護者のみならず、家族の姿を兄弟姉妹にも見ていただける良い機会だと感じました。お忙しい中ご参観いただきありがとうございました。

🐹3年生・保育実習体験🐹  笠原保育園・幼稚園に保育実習へ行ってきました。最初から抱き着いてくる子・じーっと眺めて声をかけてくれるのを待っている子・ひと陰にかくれている子等、性格も様々です。生徒たちが紙芝居を読み始めると、走って近くに寄ってきてくれました。どの子も目をキラキラさせて、お行儀よく座って聞いてくれました。可愛いです💕

    

   

保育園児・幼稚園児は、優しく接してくれる笠中の生徒たち、何でも出来てしまう生徒たちに憧れを抱き、「早く笠中の生徒のように大きくなりたい!」と感じたのではないでしょうか?

明日から長期の冬休みに入ります。インフルエンザの猛威も肌で感じています。どうか体調管理を万全にして、生徒全員が笑顔で新年を迎えられるよう心よりお祈り申し上げます。来年もよろしくお願いいたします。

 今年で2年目となりますが「NPO法人まいて」を通じ、助産師の講師2名をお招きし、「いのちの授業」をしていただきました。助産師さんの話を聞き、「いのちの大切さ」について自覚し、自他を大切にする気持ちが芽生え、さらには「性」についての正しい知識を身に付けて欲しいと思います。

 

■第一部「生まれてきてくれてありがとう」

助産師さんはどんな仕事をされているのかを学びました。出産の時に赤ちゃんとお母さんのいのちを守るお手伝いをしてくれます。

「いのちの始まり」と「いのちの誕生」を学んだ後、生徒たちにプレゼントを渡されました。・・・家族からの手紙

 

生きているだけで十分!生きていれば、みんなに出会える。

■第二部「性の話」

「性」に対して正しい知識を持つこと。自分が大人になって、子供へ正しく伝えられるようになるために、大切な話でした。

 

受講した生徒からこんな感想が寄せられました。

■今まで育ててくれた人たちに感謝したい。

■命はひとつしかない大切なもの。自分の存在価値を否定してきたが、今回の話を聞き「生まれて生きているだけでも幸せ」だということを実感した。

■もっと他の人を大切にし、パ-トーナーを大切にして幸せに過ごしたい。

■お母さんからの手紙はとても驚いたけど感動した。自分の命を大切にしようと思った。

■命について深く考えた事がなかったが、親からもらった大切な命を大事にしていきたいと感じた。

■命を授かるということは、「責任を持つ」という事であると感じた。

■次は、私たちが大切な命を守っていくべきだと思った。

3年生は、今回の授業で「いのちの大切さ」「性の正しい知識」を学べたことに感謝していました。そして、自分が大人になった時に、今回の授業を思い出し、「かけがえのない命」を大切に育てていきたいと述べていました。

👶赤ちゃんは、お母のお腹にいるときや、新生児の頃でも突然にっこり笑顔になることがあります。そんな「天使の笑顔」を見ているだけで周りを幸せな気持ちにしてくれます。いつも「笑顔」で人と関わっていれば、きっとみんなが幸せな気持ちになりますね😄😄

「いのちの授業」に関わっていただきました方々へは、心より御礼申し上げます。

合唱発表会スローガン

【和協~美しい声を轟かせよう~🎶】

 令和5年度 第4期の集大成です。各クラスが一つになって歌う姿、作り上げてきた成果がとても楽しみです。

            

クラスの代表者が本番に向けての動きの確認です。

     

🎶11月22日(水)合唱発表会本番です。🎹

 昨年まで使用していた「アザレアホール」の営業終了に伴い、今年度は「笠原中学校」で開催されました。いつも使い慣れている体育館なのに、合唱用の「ひな壇」で歌うのはちょっと緊張します。保護者の方々と、合唱をご指導いただいた講師の先生にも練習の成果を感じていただきたいです。

■「開会式」 執行部代表が開会宣言をし、合唱発表会の幕開けです。来年度から小中一貫教育となる、笠原小学校の校長先生にも来ていただきました。

  

🎵1A:『大切なもの』・・・元気のあるクラス。歌詞の内容を考え、強弱・リズムを意識して練習しました。元気のあるクラスだから、心を込めて元気よく歌います。と、コメントし1曲目がスタートしました。  

  

 昨日、昼休みに練習した時の表情と全く違います。ガチガチです。でも指揮者が一生懸命手を振る姿を見ているうちに、昨日の練習がよみがえって来たようです。後半になると、口の形・顔の表情が変わり声が前に出るようになりました。

🎵1B:『COSMOS』・・・普段の生活の中で問題が山積、このクラスの弱点を話合い、時間行動と死語をなくすように心がけました。すると、合唱を通じて弱点が改善されるようになりました。パ-ト別に練習し各パートが自信を持って歌います。

 

    

🎵🎵2A:『あなたへー旅立ちに寄せるメッセージ』・・・先ずは、作詞の意味をみんなで考え理解することにしました。過去の経験を生かし、歌の内容を重ねて気持ちを込めて歌います。

           

 

🎵🎵2B:『旅立ちの時~Asian Dream Song~』・・・休み時間を利用して何度も練習しました。パート練習では、お互いにアドバイスをし、よりよい合唱になるよう意見を出し合いました。指揮者の動きに合わせて声の強弱を変え、心を込めて歌う練習をしました。生きている存在価値を考えしっかり歌い切りたい。

  

   

  

🎶3B:『友~旅立ちの時~』・・・歌詞の中に出てくる「空の色」を「心の色」にたとえ、優しく感情を込めて歌います。ひとつひとつのポイントを大切にし、家族・友人に感謝の気持ちを歌にします。

     

🎶3A:『手紙』・・・中学生として最後の合唱「楽しく歌う」ためにどうしたらよいか?クラスで考えました。そして、「今自分たちが最も大切な事」も一人一人が考え、「表現の切り替え・リズムの切り替え」を意識し、練習してきた成果を自信を持って歌にします。

      17 

 合唱の講評として、音楽講師から「パートごとに歌い方や音程も違いますが、各パートがブレンドされてひとつの声になります。音をひとつにする・・・人間関係でも重なって言える事。ひとつに合わさった時に、自分が出していない素晴らしい音・声となります。その音をだせるようになり、人の心を揺さぶるような音楽をこれからも作って欲しいと願います。」とコメントを述べられました。

 ご来校いただきました方々には、お忙しい中お時間を作っていただき心より御礼申し上げます。

 

来年度から使用する笠原小学校の仮校舎が中学校の敷地内に建設されています。その建設の様子を上部の「校舎君の独り言」で公開しています。
仮校舎は現在の笠原小学校に新築される「(仮称)笠原小中学校」の校舎が完成する令和7年度末まで使用する予定です。

11月8日(水)バロー文化ホールで「多治見市中学校音楽祭」が4年ぶりに開催されました。新しくなった大ホールで各学校代表者が歌を披露しました。

★わが校代表は2年生です。9月の体育大会を終えた後、2年生は市民音楽祭に向け「スイッチ」が切り替わっていました。この時点では、集まってみたものの照れくさくてどこをどう歌うのかよくわかりませんでした。歌詞の意味も分からず歌っています。

 

★10月に入り、音楽室で指導を受けました。立ち方・口の開き方・顔の表情・声の出し方など・・・こんな格好で歌えるのかな?と感じながら姿勢を正して歌いました。すると、いつもより声が前に出ているような気がします。

   

この日から集まれる日は、朝練習が開始しました。明らかに2年生は変わってきています。いつの間にか楽譜も要らなくなっています。

★音楽祭当日、最後の練習です。2年生の目線・顔つきも本番さながらです。伴奏者・指揮者も自然と力が入ります。

  

★本番は「心の瞳」を8校の前で披露します。笠原中学校は2番目に歌いました。

  

マスクも外し、歌っている顔の表情も見ていただきます。指揮者が腕を下ろし会場の来場者へ感謝の気持ちを全員が「一礼の挨拶」で伝えました。

「緊張で手が冷たくなりましたが、指揮者と伴奏者の二人がアイコンタクトした瞬間に自然に体と口が開き歌うことができました。」「こんな大ホールで歌う経験ができたこと、他校の合唱が聞けたことが何よりも嬉しかった!」と生徒は報告してくれました。