卒業した6年生を除いた1~5年生が元気に登校。修了式・学活・離任式を行いました。修了式では、3年生・5年生の代表者が挨拶。自分や学級の成長を堂々と語りました。各学級ごとに個性ある学活を行い、笑顔や歓声など爽やかな雰囲気に包まれていました。

そして離任式。短い者で5ヶ月、長い者では14年という職員とお別れをしました。もちろん、「ありがとうの木」も歌いました。

離任式のあとは集団下校。今日で、平成28年度のすべての教育活動を終えることができました。

本校の第51回卒業式が挙行されました。前半の、証書授与・式辞・告辞・祝辞・記念品贈呈などの儀式的な部分を、厳粛な雰囲気の中で行われました。後半の「呼びかけ」は、まさに子どもたちが主役の場面で、4・5年生から6年生への温かな言葉と歌、4・5・6年生の「ありがとうの木」、そして6年生の自信と誇りに満ちた言葉と歌。子どもたちのよさが見事に発揮され、ご来賓の方々からもお褒めの言葉をいただきました。多くの皆様に支えられ、素晴らしい卒業式になりました。

4年生、5年生の子どもたちが気持ちよく働いています。毎年こうした姿が見られます。卒業生への感謝の気持ち。6年生が下級生に残していったものの大きさを物語っています。きれいに準備された会場が、静かに明日の開式を待っています。

30区特別顧問の宮嶋和弘様から、10月に姫の歴史探検、12月に道徳特別授業(「人が生きていく上で大切なこと」がテーマ)の様子を収めたDVDを、卒業記念品としていただきました。宮嶋様は卒業式に欠席されるため、今日の贈呈式となりました。代表者に手渡していただいたあと、卒業生へのはなむけ、励ましの言葉をいただきました。

卒業を前に、6年生の子どもたちが学校のいろいろなところをきれいにしてくれました。普段の掃除ではなかなかできないところを、丁寧に一生懸命掃除する姿がありました。テーマが「感謝」ということですが、まさにその気持ちが十分に伝わってくる姿でした。

今日、初めて4~6年生が合同で練習しました。これまで、それぞれに行ってきた練習を合わせ、細かな動きなどを微調整しました。どの学年も緊張感をもって取り組み、いい練習ができています。

今日の全校集会で、分団表彰を行いました。「なかよく登校できたで賞」など、それぞれの分団に応じて、地区委員さん方が賞をつけてくださいました。

また、岐阜県が行っている「チャレンジスポーツinぎふ」のボールパスラリーの部で、多くのチームが入賞しました。

1年生の部 3位 赤(61回)  6位 白(59回)

2年生の部 2位 赤(102回) 4位 白(97回)

4年生の部 5位 2組(89回)

5年生の部 6位 赤(78回)  9位 白(73回)

6年生の部 優勝 2組(117回)

来年もぜひ挑戦してほしいと思います。

午前中は少し冷たかった風も、午後になって暖かさを感じるようになりました。「もう春だね。桜、いつ咲くかな」1年生の子がそう話していました。

運動場では、子どもたちが元気に遊んでいました。6年生は5年生とドッジボール対決。3年生は飼育当番を頑張っています。

1年間元気に取り組んできた青空タイムも今日で終わります。今日もかけ声が運動場によく響いていました。こうして、一つ一ついろいろなものが「最後」を迎えています。