家庭科室に作業机が取り付けられ、図工室には流しが入りました。とてもきれいな教室です。調理実習やミシンの勉強が楽しみですね。また、以前の家庭科室の跡には、砂利が敷かれています。この跡地は何に使えるでしょうか?

 

また、校区にある歩道橋の改修工事についてもお知らせしましたが、いよいよ作業が始まりました。南姫中の方の歩道橋から工事が始まるようで、作業を行なう人が何人もいらっしゃいました。姫駅の方の歩道橋ははまだ始まっていませんが、工事を示す看板が立っています。両方とも8月24日までが工事期間です。

どのようになるか楽しみですね。

◆田の様子 穂がだいぶ実ってきました。稲刈りが楽しみです。

  

あと1週間で夏休みが終わります。夏休み前の集会で生徒指導の先生から、「いのち」を大事にするようにと話がありました。今のところけがや病気の情報が入ってきていませんが、健康に暮らせているでしょうか。

工事の続報です。メタセコイヤ周辺からうさぎ小屋にかけての工事。

家庭科室解体後の瓦礫撤去。

今回の台風はスピードが遅く、今朝まで強い風が吹いていました。台風による被害はなかったでしょうか。学校周辺も特に異状はなく、木の枝が折れて散乱している程度でした。今日から新しい家庭科室をつくるための工事が始まりました。

このような状態です。床が張られていますが、図工室の時よりも一段高くなっています。また、以前の家庭科室は解体が終わり、瓦礫の片付けが始まるようです。

二舎3階に移動する図工室も水道の配管工事が終了しました。

夏休み終了まで10日ほどです。早めに宿題を終わらせ、27日は余裕をもって登校できるように準備を進めてください。元気に登校することを楽しみに待っています。

暑い日が続いていますが、体調をくずすことなく過ごすことができているでしょうか。今年も猛暑が続き、朝8時の時点で気温が30℃を越えています。もちろん水温もかなり高くなり、プール開放できない状態です。せっかくの夏休みなのに、思い切り泳げないことが残念ですが、その時間を有効に使い、早めに宿題を終わらせ、興味のあることに十分取り組んでください。

さて、の様子はどうなっているでしょうか。

上の2枚の写真は7月8日のもので、下の2枚は8月6日のものです。葉が茂って土が見えないくらいになってきています。

最近の暑さで順調に生育しているのではないでしょうか。しかし、これからは台風がきて稲穂が倒れることや、逆に雨が少なく日照り状態になること等が心配されます。うまく育ってくれて、秋にはたくさん収穫できるとよいですね。

今日も気温上昇が予想されますが、毎日うさぎ当番の子たちは世話をしてくれます。

4年生全員が、うさぎのことをとても大事にしていてくれるので、とてもありがたいです。生き物を大事にする気持ちが、子ども達の優しさ温かさ育てているのでしょうね。これからもよろしくね。

昨日、お伝えした改良工事がこんなふうになりました。土も盛られて根が出ている部分は見られなくなりました。この後は、舗装をする予定です。

梅雨が明けたようで、連日35℃を越える暑い日が続いています。それに伴って、今日のプール開放は水温が基準以上になったため「中止」となりました。最高気温の予想も37℃ですので、屋外での運動や活動は控えた方が良いかも知れません。水分補給などして、健康管理に留意してください。

学校では、新家庭科室の工事が進んでいます。

また、子ども達が階段をのぼって登校してきますが、登り切ったところの木の根が地面から出ています。通る際の妨げとなり根に引っかかって転ぶこともありますので、通行しやすいようにします。

うさぎ小屋から運動場に行く通路についても、雨水が土や石を流していったり、通行する車のタイヤで轍やくぼみができたりしていますので、休み中に舗装工事をします。

歩道橋改良工事】

校区内にある2ヶ所の歩道橋の改良工事が行なわれます。南姫中学校前の歩道橋と姫駅付近の歩道橋です。これらについても、夏休み中にやっていただけるそうです。工事中は歩道橋が使えないときがあるそうですが、その際は交通誘導員さんが道路を渡してくれるそうです。安全に通行しましょう。

プール開放2日目。今日も大勢の子ども達が来ました。梅雨が明けたのかどうかはっきりとしませんが、気温は32℃さわやかな風が時折吹き、泳いでいる子にとっては気持ちの良い日かも・・・。

  

プール当番の子たちも、準備運動の指示や進行・検定で活躍しています。

水泳の後は、しっかりと水分を補給し、家に着くまで安全に帰ることができるように気を付けてください。熱中症の対策はしてきているでしょうか。

今日は、夏休み恒例の『郷土の歴史学習』を行ないました。今年度本校に赴任してきた先生を対象に、30区名誉顧問の宮嶋和弘先生を講師に研修を行ないました。姫の由来の「比売神(ひめのみこと)」の話から、「小牧・長久手の戦い」に関わったこと、江戸時代では岡田将監が治水事業を行なったことまで、現地を訪れながら学んできました。

 

23年かけて造られた「今城」。主君に反旗を翻したため、27年で城を取り壊されることになります。その後改修され、「小牧・長久手の戦い」では、この周辺の8つの城から兵が「今城」に集結し、戦いに出発しました。

「三宮神社」には、「姫」の由来である「比売神」とその親である「天若日子神(あまのわかひこのみこと)」と「下照姫神(したてるひめのみこと)」が祀られています。この近くの地名である「神田」「神田橋」「青木」「国京」などは、この神様に関わる地名だそうです。

岡田将監善同(おかだしょうげんよしあつ」は江戸時代初期にこの地を治めた代官で、ここに代官屋敷がありました。善同は治水事業に長けていて、農業用水確保のための溜池をいくつか造った人です。『華立てやすらぎの杜』付近に以前あった「迫間溜池」もその一つだそうです。

このように「姫」という地域の歴史を、この地に関わるものとして知っておくことは重要なことです。「姫」をつくってこられた人々の思いを少しは理解できたと思います。

今年度岐阜県では、日本スポーツマスターズ2019清流大会』が県内の各市で行なわれます。多治見市では「パークレーンズ」を会場に、9月に「ボーリング競技」が行なわれます。47都道府県の代表者が集まり熱戦が繰り広げられます。そこで、県では各都道府県を選手を歓迎・応援する意味で、「のぼり旗」や「横断幕」を作成し会場に掲示します。多治見市の小学校では、13小学校で分担し「のぼり旗」を作成しました。本校は「鳥取県」「広島県」です。5・6年生が休み時間を使ってつくってくれました。その様子が県庁のHPで紹介されています。下のURLから検索してみてください。

http://gifuspo.or.jp/masters2019/news/20190724104830.html

【水泳教室1日目】

夏休みに入って、はじめての青空。昨日できなかった「水泳教室」を今日は行なうことができました。今年度は、対象を5・6年にしぼり、たくさんの職員で取り組んだため、25m泳げるようになった子が大勢いました。明後日からのプール開放では、自信をもって泳いでくれればと思います。

【耐震関連の工事】

また、耐震の関係で、現家庭科室が夏休み中に取り壊されます。それに伴い図工室が移動することになり、そのための荷物の移動準備を職員で行ないました。

家庭科室の荷物の箱詰め。新家庭科室は、現図工室です。

家庭科室にするための水道管やガス管の工事です。新図工室は、2舎3階に移動します。

それぞれの教科にあった教室にするように、様々な工事が行なわれています。夏休み明けが楽しみですね。