-->

今、生徒会では校則の見直しを順次行なっています。その中で、冬の防寒着についての見直しが行われました。

各学級に意見を求め、出された意見について生徒会執行部で話し合いを行いまとめました。その内容について新しい防寒着の着方についての約束を全校にお知らせがありました。

今後もこのように小泉中学校の約束を、自ら考え議論し自ら守る約束づくりを行なっていきます。

 

-->

11月29日(火) に NPO法人ReBit(LGBTQについて取り組んでみえる団体)の 篠崎のり    さん  と スターバックスコーヒー の 澤田朱里 さん を講師としてお招きし、

「多様な性って何だろう? 互いの違いを受け止め合える社会を目指して」というテーマで話をしていただきました。

人にはいろいろな違いがあって当たり前であること。

どんな違いも受け止め合える社会を目指していきたい。

などと話していただきました。

生徒代表の 伊藤亜弥さんは

「お互いの違いを理解して、尊重し合える社会を目指していきたい。」と高話を受けて感じたことを含めお礼の言葉を述べました。

今回の講話は、オンラインで小学校の6年生たちや、保護者も試聴し一緒に学ぶことができました。

 

-->

11月25日(金)に1年4組で研究授業の公開がありました。中村先生の理科の授業で、「光の反射」についての学習を行いました。光を鏡に当て、反射する光の道筋をたどって法則を見つけました。

教え合ったり、自分で粘り強く考えることで、課題を解決する姿がたくさん見ることができました。

 

-->

11月29日(火)13:50~ 「LGBTQ人権講話」があります。

今年で3回目となります。

今回は、NPO法人ReBit(LGBTQの問題について取り組んでいる団体)の方を講師に迎えて「多様な性」や「お互いの違いを認め合うこと」についての学習をします。

今回は、ReBitの方以外にもスターバックスコーヒーの社員の方も一緒に来校し、「企業が取り組むLGBTQの取り組み」についても話していただくことになっています。

この講話は全校生徒が直接話を聞きますが、オンライン(Zoom)をつかって映像の同時配信を行います。

視聴するためのURLとミーティングID、パスコードが必要となります。それらは、後日絆メールにてお知らせいたします。

-->

11月19日(土)にPTA環境整備委員さんの主催で奉仕作業を行いました。沢山の保護者の方、生徒の皆さんも参加して、校舎から体育館へ続く通路にある鉄柱のペンキ塗りを行いました。

短い時間でしたが、手際よく全ての柱のペンキを塗ることができました。初めてペンキ塗りをされる方も多かったですが、「楽しい!」「もっと塗るところないかなぁ」などの声も聞かれ、楽しみながら活動をすることができました。

学校がまた綺麗になりました。環境整備委員の方、ボランティアで参加してくださった保護者、生徒の皆様 ありがとうございました。

 

-->

11月18日(木)に多治見市教育研究会が行われ、2年1組が数学の授業、2年4組が社会の授業を公開しました。

小泉中学校の代表として授業で頑張っていることを姿で示すことができました。

日頃から大切にしているグループ追求を活かしながら、課題に取り組む姿に多治見市内の先生方から、「話し合いのレベルが高いですね。」「積極的に授業に取り組む姿が素晴らしいですね。」との言葉をたくさんいただきました。