学校では、コロナ禍の体力づくりとして、個人縄跳び運動を続けています。子どもたちは、休み時間や授業を通して、楽しみながら様々な技に挑戦し、練習を重ねてきました。本日は、2年生が体育の時間に、これまで練習してきた技を披露したり、見合ったりする活動を行いました。引っかからず長く跳べた、二重跳びの回数が増えたなど、うれしそうな顔が印象的でした。

 春のように暖かな日となった25日(木)、今年度も、里山砂防をすすめる会様、市之倉森づくり部会様、多治見市役所様等のご協力を得て、6年生が卒業記念植樹を行いました。4つのグループに分かれ、やすらぎの森展望台広場付近に、淡墨桜の苗木を植えることができました。コロナ禍で行事が少なかった6年生にとって、ことのほか嬉しい体験行事となりました。今後、桜も子どもたちもしっかりと根をはり、大きく成長してくれることを願います。

 15日(月)、6年生が、多治見市社会福祉協議会の方々のサポートにより、福祉体験(総合的な学習の時間)を行いました。子どもたちは、3つのグループに分かれ、全員が、「アイマスク体験」・「車いす体験」・「高齢者体験」を体験することができました。当事者としての体験だけでなく、介助者視点での体験をしたことで、相手の気持ちや願いをくみとる大切さを学ぶことができました。今後は、今回の体験をもとに、まとめの新聞を作成する予定です。

 緊急事態宣言下における感染防止対策として、音楽の授業では、歌唱や楽器演奏を屋外で実施する等の工夫をしています。今日は、6年生が特別教室棟との連絡通路で歌唱練習を行いました。 マスクを着用し同じ方向を向いて歌う短時間の練習でしたが、子どもたちは大変嬉しそうに歌っていました。校内に子どもたちの歌声が響く幸せを感じるひとときでした。

 3年生が、図工の時間に小刀の使い方を学習しました。今日は、削るものをしっかりと握ること、 削るものに対して刃をななめに当て、なめらかに前に押し出して削ることを学びました。また、さやから抜くときの注意や、刃の先を人に向けないことなど、安全面についても学びました。緊張した面持ちながらも、楽しそうに小刀を使う子どもたちの姿が印象的でした。