秋も深まり、冬の到来が近いことを予感させられる今日この頃です。校庭の草木を観て回ると、ようやく葉を色づけ始めたものもあれば、葉をほとんど散らせてしまったもの、実をつけているもの、花を咲かせるもの、春に向けて新芽を準備しているものなどもあり、実に様々です。

葉の色を変え、実をつけるなど、校庭の草木それぞれに秋の深まりが見られます。肌寒さも加わって、冬が近づいていることを感じさせられます。

運動会が終わり、大きな台風も過ぎ去って、ずいぶんと涼しさを感じるようになりました。校庭の花や実へ目を向けると、深まりつつある秋を実感します。そのような季節の中で、活発に活動する虫たちの姿を見つけることもできます。

運動会まで、あと1週間あまりとなりました。このような時期に校庭へ目を向けると、咲いている花々が随分と様変わりしつつあります。雨模様の天気が多い日々を過ごしながら、季節が秋へと移り変わっていくのを感じます。

雨上がりの東空に、不意に虹が現れました。なかなかうまく写真には残せませんでしたが、学校上空の南北方向にかかる、きれいな虹でした。