いよいよ夏休みに入ります。夏休みには海や川、山など、野外でのレジャーを楽しむ機会も増えるかと思います。野外で自然に触れるレジャーは、楽しみがある半面、自然ならではの危険もあります。事故を未然に防ぐため、学校では以下のような2種類の資料を児童に配付し、注意喚起をしています。ご家庭でも、お子さんと一緒に資料をご覧いただいて共通理解を図り、危険回避をしていただくように、お願いいたします。(著作権保護の観点から、当該資料を市之倉小学校ウェブサイトに掲載することができません。お手数ですが、お子さんが持ち帰られた資料をご確認ください。)

 岐阜県河川課

※川を安全に楽しむために

 敦賀海上保安部 海の安全推進チーム

※海で安全に遊ぶための約束

※気が付いたら、どんどん海岸から遠ざかっていた・・・ こんなときどうする?

なお、これに関連して、詳細な情報が得られるサイトを紹介しますので、是非閲覧していただき、参考になさってください。

 子どもの水辺サポートセンター(公益財団法人 河川財団)

※安全な川遊びのために(動画)

※水辺の安全ハンドブック(PDF:ファイルサイズ大)

 岐阜県河川課

※河川水難事故防止

 海上保安庁

※海の事故防止対策

 政府広報オンライン

※水の事故、山の事故を防いで 海、川、山を安全に楽しむために

異常なほどの暑さが続いていますが、市之倉小学校では子ども達の熱中症予防のため、次のような取組をしています。

児童玄関前にミスト発生装置を設置し、稼働させています。

各教室では、上部の窓まで全開にして通気を良好に保ち、これまでの壁掛け扇風機2台に加えて大型扇風機1台を増設して稼働させています。

休み時間などに子ども達が涼める場所を確保するため、図書館に冷房を入れたままにし、必要に応じて子ども達が利用できるようにしています。

職員室前の運動場に熱中症指数計を設置し、暑さ指数(WBGT)を監視しています。必要に応じて、屋外での運動制限等について子ども達に指示しています。

このほかに、屋外へ出るときには必ず帽子を着用する、学校へ水筒を持参してこまめに水分補給をする、運動する場合には20分間に一度の給水タイムを設ける、昼休みの時間を5分短縮して全校一斉の給水タイムを設けるなどの取組もしています。これで十分だとは言えませんが、子ども達が熱中症にならないよう、これからも最大限の努力をしていきます。

体調が悪いときほど、熱中症に陥りやすいようです。早寝早起きをして睡眠時間を十分に確保し、朝食を必ずとり、体調が優れないときには休養をとるなど、ご家庭においても熱中症予防に努めていただきますようにお願いいたします。間もなく夏休みに入りますが、熱中症予防に役立つウェブサイトを以下に示しますので、ご家庭での取組の参考にしていただければ幸いです。

 

  環境省 熱中症予防情報サイト

    ※暑さ指数(WBGT)の実況と予測【岐阜県】

    ※熱中症 ~ご存じですか?予防・対処法~

 

岐阜県PTA連合会が主催するPTA広報誌コンクールに、平成29年度には市之倉小学校PTAも応募しました。審査の結果、岐阜県内で小学校6校、中学校4校が選ばれた優秀賞に、市之倉小学校PTAも名を連ねることができました。6月6日に開催された「岐阜県PTA連合会・第39回定期総会」において表彰を受けたところですが、その賞状が学校へ届けられましたので紹介いたします。

多治見市に大雨警報が発表されたため、7月6日(金)は臨時休業日となりました。

気象庁によると、活発な梅雨前線の活動による広い範囲での雨は7月8日(日)まで続く見込みで、非常に激しい雨が断続的に数日間降り続き、記録的な大雨となる恐れがあるとのことです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫などに、厳重に警戒してください。

週明けには通常通り登校できるものと思いますので、7月9日(月)の授業予定等について、学年別に連絡いたします。添付ファイルを確認してください。

1年生   2年生   3年生   4年生   5年生   6年生

7月5日(木)の未明より、本校周辺では断続的ながら強い雨が降りました。岐阜県内各地には大雨警報が発表されているところもありましたが、日中、多治見市には気象警報は発表されていませんでした。しかしながら、近隣地域に気象警報が発表されているところもあり、断続的に強い雨が降る状況は、しばらく続くものと思われました。

そこで、子ども達の下校時の安全確保のために、予定を変更して全学年による集団下校を実施することとしました。全学年とも、本日の授業は5校時までとし、5校時終了後の15時15分に全校下校しました。