水泳運動の学習が始まっています。今日14日(金)の3校時には、小プールでは1・2年生が、大プールでは5年生が授業を行いました。さわやかな晴天のもと、先生の指示をよく聞きながら、どの児童も楽しく水に親しみました。低学年は、水遊びを中心に水に慣れること、中・高学年は、初歩的な泳ぎから、クロール・平泳ぎで続けて長く泳ぐことを学習します。

 13日(木)に、JICA(ジャイカ:独立行政法人国際協力機構)の方々が、市之倉小学校を訪問されました。今回は、12ヵ国13名の自国の学校保健に携わっている方々が、子どもたちの口腔衛生に関する保健指導を視察し学ばれました。また、国際交流として、全校集会にも参加され、全校児童と一緒にゲームなどを楽しんでいただきました。

 8日(土)に、「市之倉校区わたしの主張2019大会」が、市之倉公民館ホールで開催されました。市之倉小学校からは、5年生2名、6年生2名が出場し、それぞれの考えや思いを、生き生きと主張しました。審査の結果、代表となった児童は、6月22日(土)に行われる多治見市大会に出場します。

 5日(水)・6日(木)の二日間、栄養教諭の斉藤先生に来校していただき、全学年を対象に、歯の健康と食事について指導していただきました。どの学年においても、よく噛んで食べることが、身体の健康につながることを教えていただきました。

 今日のみどりの時間(朝活動)は、ハッピークローバーの方々による読み聞かせでした。今回は、1年生~4年生、たいよう学級には、各学年・学級に、お一人ずつ入っていただき、1~2冊の本を読んでいただきました。5・6年生は合同で、ペープサート「東濃弁シンデレラ」を見せていただきました。東濃地方の方言での名作の読み聞かせに、子どもたちは大喜びでした。楽しい企画をありがとうございました。