夏休み続き、冬休みにも冬休みチャレンジ「冬チャレ」を行いました。
 冬休みの「冬チャレ」は、家族のためにできることです。

 4年生の朝の会に参加すると、日直の話で、「冬チャレ」の紹介をしていました。
 「私は、いつもやっているお風呂掃除をしました。」と、iPadで撮影した写真を見せながら、その時の様子を話していました。

 写真や動画を見せながら話をしているので、その時の様子や工夫したことなどがよくわかりました。今までは話だけだったものが、iPadを使うことで、話の中で画像などが使え、発表の中身が深まるなと思いました。

 各学年の身体測定に合わせて、給食の先生(栄養教諭)から、お話をしていただいています。

 この時間は、2年生。「給食センターの一日」がテーマ。
 給食がどうやって作られるか、何時頃どんな仕事をしているか、など教えていただきました。
 さて、給食の先生が持っている紐はなんでしょう?
 答えは、鍋の大きさを表す紐です。「何人ぐらい入れるかな。」
 順番に入っていくと、8人ぐらいの子が入ることができました。毎日、こんなに大きなお鍋でみんなの給食を作ってくださっているんだね。

 給食センターの皆さんは、みんなにおいしくて安全な給食を食べてもらおうと、毎日仕事をしているそうです。こんなふうに、みんなを思って作ってくださるって嬉しいね。給食を食べるときに、目の前の給食にどれだけの人が関わっているのかな、どんな思いでセンターの皆さんが作っているのかな、などちょっと考えてみようね。
 いつもおいしい給食を、ありがとうございます!

 今日は、はっぴぃクローバーさんによる読み聞かせ。

 8人の方に来ていただき、それぞれの学級で読み聞かせをしていただきました。
 英語の本や命に関わる本などなど。
 毎回、いろんな本を読んでいただき、みんなとっても楽しみにしています。ありがとうございます。
 年が明け、コロナの感染が拡大してきたので、しばらくはお休みになりそうです。ざんねん!

 職員室の窓から、上のグラウンドを見ると・・・。1年生の子が羽根つきをやっていました。
 「みんな、何の時間?」
 「生活~。」「昔の遊びをやってるの。」

 教室をのぞいてみると、昔のいろんな遊びをやっていました。羽根つき、あやとり、お手玉、こま、けん玉、竹馬。
 羽根つきは、初めての子が多く、羽が羽子板に当たらない。「下からうってごらん。」とアドバイスすると、「コン!」「当たった~!」
 こま回しは、紐をこまに巻くのが一苦労。お手玉は、・・・。思うようにいかないこともあったようですが、みんな、それぞれの遊びを楽しんでいました。

 おじいさんやおばあさん、ぜひ、子どもたちに昔の遊びを教えてあげてください。

 今週、それぞれの学級で、新年のかきはじめ「書き初め」を行っています。

 一文字一文字に、一筆一筆に、それぞれの思いを込めて。
 みんなで、同じ文字を同じ空間で書く。とてもよい時間です。