3月25日(月)には卒業式、3月26日(火)には修了式がおこなわれますので、午前日課となり、給食はありません。そのため、本日が平成30年度最後の給食日となりました。どの学級でも、おいしい給食をみんなで楽しむことができました。

毎週水曜日には、昼休みの時間を20分間延長し、学級単位で存分に体を動かして遊ぶための「なかよしタイム」(13:15~13:55)を設けています。子ども達は、ドッヂボールや鬼ごっこなど、学級ごとに内容を考えて遊びます。今年度最後となることもあってか、あたたかな春の陽ざしの中、運動場で思いきり遊ぶ子どもたちには、いつもにも増して笑顔がたくさんこぼれていました。

 5年生の理科では、単元「ふりこのきまり」の中で、実験をおこないながら、振り子が1往復する時間を変えるにはどうすればよいかについて調べてきました。今回は振り子について学んできたことの総まとめとして、校庭のブランコを使って実証実験をおこないました。ブランコの鎖の長さを変えることで、ブランコの1往復する時間が変わることを体感し、子ともたちは納得していました。
 また、この日は、教頭先生から指導を受けてきた理科の授業の最終回でした。授業の終わりには、子どもたちから感謝を込めて、教頭先生に寄せ書きが贈られました。