いよいよ夏休みに入ります。夏休みには海や川、山など、野外でのレジャーを楽しむ機会も増えるかと思います。野外で自然に触れるレジャーは、楽しみがある半面、自然ならではの危険もあります。事故を未然に防ぐため、学校では以下のような2種類の資料を児童に配付し、注意喚起をしています。ご家庭でも、お子さんと一緒に資料をご覧いただいて共通理解を図り、危険回避をしていただくように、お願いいたします。(著作権保護の観点から、当該資料を市之倉小学校ウェブサイトに掲載することができません。お手数ですが、お子さんが持ち帰られた資料をご確認ください。)

 岐阜県河川課

※川を安全に楽しむために

 敦賀海上保安部 海の安全推進チーム

※海で安全に遊ぶための約束

※気が付いたら、どんどん海岸から遠ざかっていた・・・ こんなときどうする?

なお、これに関連して、詳細な情報が得られるサイトを紹介しますので、是非閲覧していただき、参考になさってください。

 子どもの水辺サポートセンター(公益財団法人 河川財団)

※安全な川遊びのために(動画)

※水辺の安全ハンドブック(PDF:ファイルサイズ大)

 岐阜県河川課

※河川水難事故防止

 海上保安庁

※海の事故防止対策

 政府広報オンライン

※水の事故、山の事故を防いで 海、川、山を安全に楽しむために

5校時には、夏休み前の最後の学級活動を全校でおこないました。各学級において子どもたちは、担任から配付される資料を整理したり、大切な話を聞いたりと、夏休みを迎える最後の準備をしました。健康や安全を損ねることなく、じっくりと長い時間をかけて何かに熱中できる夏休みにしてほしいと思います。

猛暑が続く中、冷房設備のある図書館やパソコン室などで朝から冷房を入れたままにして、必要に応じて子ども達が涼むことができるようにしています。全校児童が同時に涼しい部屋に入ることはできませんので、それぞれの学級が順番に交代しながら、涼しい部屋を使って学習を進めています。3校時には、5年生が図書館で、6年生がパソコン室で学習しました。明日から夏休みですが、酷い暑さには厳重に警戒してください。

いよいよ明日から夏休みです。夏休みを迎えるに当たって、前期の前半最後となる集会を開きました。朝から暑い中でしたが、子ども達は、校長と生徒指導主事からの話を真剣に聞いていました。明日からの夏休みを、子ども達が楽しく安全に過ごせるように願っています。