12日(火)に、多治見法人会の方々による「租税教室」が実施され、6年生が参加しました。講義では、税の種類や仕組み・使い道の説明を受けたり、ビデオ教材を視聴するなどして、納税の目的や必要性を学ぶことができました。

 11日(月)の3校時に、1年生の体育の授業を通して授業研究会が行われました。今回は、ボールゲーム領域の「どんどんなげよう まとあてゲーム」という学習で、的をねらって力強くボールを投げること、ルールを守って仲良くゲームを行うことを目標としました。子どもたちは、コートの中央に置かれた段ボール製の的をねらってボールを投げ当て、的を相手側のコートに移動させようと、積極的に運動することができました。きびきびとした集合や、先生の話を確実に聞きとって活動する姿からも、大きな成長のあとが観られた授業でした。

 今日のみどりの時間(8:15~8:30)は、ハッピークローバーの方々による読み聞かせでした。毎回、季節や子どもたちの興味・関心にそった選りすぐりの本を選んで読んでいただいています。今回2年生では、本の内容に合わせて身体を動かすというユニークな読み聞かせで、子どもたちは大喜びでした。

 市之倉小学校が、第61回岐阜県学校歯科保健研究大会において、小規模小学校の部で優良校賞をいただき表彰されました。これは、学校・医療機関・行政機関・地域・保護者が連携し、地道で的確な歯科保健教育、歯科保健活動を継続していること、その成果が顕著であったことを高く評価していただいたものです。ご尽力いただきました関係者の皆様に深く感謝申し上げます。今後も子どもたちの、歯と口の健康増進を通して、自立的な健康づくりを目指していきます。

 9日(土)に、今年度2回目の愛校日作業が行われました。今回も多くのPTA会員の方々、学校運営協議会森部会の方々にご協力をいただき、主に、北舎教室等の清掃、やすらぎの森展望台の修復を中心に、熱心に作業していただきました。子どもたちが、快適に安全に学習できる環境を整備することができました。休日の早朝からの作業でしたが、誠にありがとうございました。