残暑がおさまり涼しく感じた本日。運動会に向け、久しぶりに屋外での練習ができました。午前中は、低中高学年ごとに、学年種目や演技の練習を行いました。今回は、競技・演技の練習だけでなく、入退場の仕方や立ち位置の確認などを入念に行いました。運動会当日まで残り2週間です。

 連日の猛暑で、学校では、終日運動を制限しています。本日は、午前中早くに、外気温37.6℃、WBGT(暑さ指数)30.0℃を記録しました。(外気温・暑さ指数とも運動中止レベル)全教室でエアコンを稼働し、適時に水分補給するなど、熱中症対策に留意しています。家庭では、十分な休息と睡眠がとれるよう、お願いいたします。

 昼休みを利用して、応援団員(各団5・6年生の男女4名ずつ計8名)が、一生懸命に練習を行っています。今日は、体育館で赤団が、多目的室で白団が、応援歌に合わせた振りつけや隊形を決めたり、確認したりしました。運動会当日の応援合戦に向け、各団とも熱が入ってきました。

 残暑厳しい日が続く中、屋外の活動を終えた子どもたちが、少しでも火照った身体を冷やすことができるよう、児童玄関前に、大型のミスト扇風機を設置しました。休み時間や体育の授業、運動会の練習後に使っていきます。熱中症には十分に気をつけて活動しています。

 運動会に向け、応援団の活動が活発になってきました。今日のみどりの時間(8:15~8:30)には、応援団員が各学年の教室に赴き、応援歌や振りつけの指導を行いました。低学年には、特に優しく丁寧に教えようとする姿が印象的でした。朝の会中や昼休み中の校内では、常に応援歌が響き渡っています。