3年生が、深谷滋浩先生に、学校の周りの自然について、教えていただきました。

 展望台に向かって歩き始めて先生が紹介してくださったのは、シダ。
 「これをこうやると・・・。」と飛ばされましたが、1回目は失敗。2回目に、「次はどうかな。」と飛ばされると、とても優雅に空中をふんわり。「わ~!」「すご~い。」
  途中、赤い木の実を見つけたり、草笛を吹いたりしながら、 展望台まで登り、ぐるっと一周してきました。
 いつもは何の気もなく通り過ぎてしまう道に、山の宝がいっぱい。 戻ってきた子どもたちの手には、葉っぱや実がたくさんありました。

 次は、山歩きで採ってきた物を使って、動物アート!?作り。
 発想豊かな子どもたちは、楽しみながらそれぞれに世界に一つしかないワクワクする作品を作っていました。



 明日(1/21)から、岐阜県に「まん延防止等重点措置」が適用されることになりました。

 そこで、6年2組のみんなに、「休み時間の遊びはどうしたいかな。」と尋ねると、「遊びたい」「前みたいに規制されるのは嫌」と。
 その中で打田さんが、「感染対策をしっかりすれば、遊んでもいいと思います。」 それに続いて他の子が、「マスクを外して、他の学年と遊ぶと、他の学年に迷惑をかけるから、それはやめた方がいいと思います。」と。
 大切なことは、飛沫感染と接触感染を防ぐこと。
 子どもたちは、 この2年の生活で、コロナに感染しないための予防法をしっかり身に付けてきたことがわかりました。そして、周りのことを思いながら、よりよい方法を考える力が付いたことが、とても嬉しかったです。

 給食の様子を見て回る中での、配膳後の2年生の食缶です。
 みんなが元気でいる秘密は、ここにもありそう!

 今週、どの学年も身体測定を行いました。

 身体測定では、自分の体を知って成長を感じることができます。
 この時間は、3年生。身長と体重を測定し、つめのチェックもしました。前に測定した時と比べて、背は伸びたかな。体重は増えたかな。
 前回の測定値を知らない私は、みんなの体の成長をなんとなくしか感じられませんでしたが、測定が終わって待つ姿には、周りのことを考えていることが分かり、4月からの成長をとても感じました。
 「この写真、ホームページに載せるからね~。」
 最後に素敵な3年生をパシャリ!

 

 夏休み続き、冬休みにも冬休みチャレンジ「冬チャレ」を行いました。
 冬休みの「冬チャレ」は、家族のためにできることです。

 4年生の朝の会に参加すると、日直の話で、「冬チャレ」の紹介をしていました。
 「私は、いつもやっているお風呂掃除をしました。」と、iPadで撮影した写真を見せながら、その時の様子を話していました。

 写真や動画を見せながら話をしているので、その時の様子や工夫したことなどがよくわかりました。今までは話だけだったものが、iPadを使うことで、話の中で画像などが使え、発表の中身が深まるなと思いました。

 各学年の身体測定に合わせて、給食の先生(栄養教諭)から、お話をしていただいています。

 この時間は、2年生。「給食センターの一日」がテーマ。
 給食がどうやって作られるか、何時頃どんな仕事をしているか、など教えていただきました。
 さて、給食の先生が持っている紐はなんでしょう?
 答えは、鍋の大きさを表す紐です。「何人ぐらい入れるかな。」
 順番に入っていくと、8人ぐらいの子が入ることができました。毎日、こんなに大きなお鍋でみんなの給食を作ってくださっているんだね。

 給食センターの皆さんは、みんなにおいしくて安全な給食を食べてもらおうと、毎日仕事をしているそうです。こんなふうに、みんなを思って作ってくださるって嬉しいね。給食を食べるときに、目の前の給食にどれだけの人が関わっているのかな、どんな思いでセンターの皆さんが作っているのかな、などちょっと考えてみようね。
 いつもおいしい給食を、ありがとうございます!