8日(金)に、5年生が社会科の学習として、「三菱自動車工業名古屋製作所」「トヨタ鞍ヶ池記念館」に出かけました。見学を通して、よりよい自動車を開発・製作するために、様々な工夫や努力がなされていることを学ぶことができました。先日の宿泊研修で高めた“学級力”を発揮し、バス車内や見学中のマナーを守ることなどを、自分たちで律する成長ぶりを感じた一日でした。

 8日(金)の朝活動で、2年生が1年生の教室を訪問し、国語科教材『お手紙』(アーノルド=ローベル作)の音読を披露しました。発表の児童たちは、がまくん役、かえるくん役、ナレーターを分担し、表現豊かに読み聞かせることができました。1年生からは、「上手だった」「嬉しかった」などの感想が聞かれました。

 7日(木)に、3年生が社会科の学習として、「北名古屋市歴史民俗博物館」と「あいち航空ミュージアム」に出かけました。「北名古屋市歴史民俗博物館」では、昭和30年代に使われた品々から当時の人々の生活を知り、自分たちの今の生活と比べることができました。「あいち航空ミュージアム」では、展示された数々の航空機を見たり、3Dシアターで航空産業の歴史を学んだりしました。今日は天気がよく、展望デッキから、離発着する航空機を何機も観ることができました。

 秋が深まり、校地内の木々が、赤や黄に染まってきました。冬鳥の姿が観られるようになり、鳴き声も聞こえてきます。

 ぐっと気温が下がった5日(火)。今日から朝の活動で、全校縄跳び運動(全7回)が始まりました。この活動は、学級を二つのチームに分け、8の字跳びを3分間続けて跳んだ回数を計測するものです。体力を高めるだけでなく、チームで協力し支え合いながら、記録の更新や目標に向かって一体感を高めることも目指します。