夏休み前に、様々な行事が行われました。

7月18日(木)昼休み、家庭の事情で帰国されるALTのドグビー先生のお別れ会が行われました。生徒会長の司会と話の後、ドグビーさんのお別れの言葉をいただきました。急な事情で帰らなければならないことを非常に残念がっておられました。

7月19日(金)朝、「社会を明るくする運動」として、更正保護女性会、保護司さん方が来校され、3年生にお話しいただきました。また、誰もが安心・安全・心地よく生活してほしいという願いを伝えられました。また、一人一人に手作りの栞をいただきました。夏休みが始まる前に、貴重なお話をいただきました。栞も大切に使わせていただきます。

7月19日5時間目には、夏休み前集会がありました。学校長の話の中で、アメリカ大リーグの片手選手の活躍の話を聞き、努力することの大切さを感じました。また、生徒指導の話から、安心安全な生活を送ることの大事さを学びました。その後、中体連の表彰を行いました。

夏休みは、いかに自分を見つめ、進んで行うのかが課題となります。誰もが、安心・安全な生活と共に、頑張ったと言えるものを夏休み明けに聞けることを楽しみにしています。

 

 

 

まだまだ申込可能です。前々任校で私も聞きました。命の尊さ、家族愛、子育てについてとっても勉強になり、心も温かくなるお話です。ぜひご参加ください。(教務発)

6月18日の記事から、具体的な会の内容につながります。青い文字をクリック。ぜひご参加ください。

 

本校には、先輩方が残してくださった合唱曲「つなぐ」があります。東北大震災の後、多治見市と交流のある二本松市の仲間のことを思い、生徒会が作ったものです。この曲を本校の大事な曲として、毎年下級生へと引き継いでいます。今日も、この曲を後輩に聞かせるために、2・3年生が練習しました。

来週には、すばらしい歌声を後輩に聞かせ、ともに歌う場へとつなぐ予定です。

本日『昭和校区わたしの主張大会』が開催され、平和中学校からは3年生3名の生徒が代表として参加しました。

3人とも自分の主張を堂々と発表し、その中の1名が最優秀賞に選ばれ、市大会に出場することとなりました。

市大会は6月22日(土)午後、バロー文化ホールにて行われます。児童生徒の思いをぜひ聞いていただけたらと思います。

ちょボラとは、「少しだけれど、みんなが進んでボランティアしよう」と、毎年、本校の花壇の整理と苗植え等を行っています。今回は、春の花を抜くことです。そして、増えてきた雑草を抜くことです。多くの生徒が参加し、昼休み、頑張りました。

次は、秋に咲く花の苗植えです。みんなのがんばりが、きっと美しい花をたくさん咲かせることでしょう。

本日、池田町屋公民館において『第26回池田小学校区わたしの主張大会』が開催されました。平和中学校の代表として3年生の2名が発表しました。

修学旅行、中間テストと忙しい中で練習し、堂々とした素晴らしい主張を発表できました。

6日6時限目、生徒集会が行われました。この生徒集会では、今年度の体育祭の説明が行われました。今年度の体育祭のスローガンは、「同志」に決定しました。

「誰もが同じ思い(志)をもって、よい体育祭にしたい」という願いが込められています。先に行われたキャンペーンで、全校◎の日が一日もなかったことを生徒会執行部は残念に思っています。体育祭成功の裏には、普段の生活がしっかりとしていることがあげられます。全員で同じ思いをもって、体育祭に向かっていきましょう。

 

 

3年生の修学旅行初日にお世話になった「広島被爆者援護会」の石原様より、お手紙をいただきました。

「『セレモニー 立派!』としか言えません。世界に一つの「校歌」、「地球星歌」、「平和の鐘」全員で歌い上げた満足そうな笑顔は心に残ります。五月の風の爽やかな中での碑めぐり、セレモニーにお礼申し上げます」というお言葉をいただきました。

また、「3年生が堂々とした姿を見せてくれました! 以前お邪魔しているので(2年前に本校に来てくださいました)、「合唱リハーサルは2階ロビーで繰り返し頑張ったね」と伝えると、笑顔を返してもらい、うれしく、心豊かな時間をいただきました。折り鶴は8/6に、慰霊祭への参加者に披露するとともに、5/29の様子を自慢いたします。」という思いをいただきました。

華やかで、毅然として、平和中らしい制服での行動でした」とも、お褒めの言葉をいただきました。石原様をはじめ、援護会の皆様方に感謝しております。ありがとうございました。