先月の体育祭では、平日にもかかわらず多数の皆様にご観覧いただき、ありがとうございました。事前の検温や体調チェック表の提出、観戦中の身体的距離を取ることなど、様々なご協力をしていただきました。更に、PTA本部役員の皆様を中心に、受付や感染予防の働きかけ、また、多くの保護者様がテントの片付けや生徒が取った草山の片付けを率先して取り組んでいただきました。「保護者も参観できるwithコロナ体育祭」を成功させることができました。重ね重ねありがとうございました。

 

今年度の体育祭は、新型コロナ禍の中でも実施できるよう取り組んできました。 ソーシャルディスタンス縄跳びや、ウーバーボールといった新種目を設け、体育祭当日に向けて取り組んでいます。

ウーバーボールに向けては、3年生がボランティアで、種目で使う道具を製作し、全校に貢献する姿が見られました。

種目では、異学年でチームを作り、素早くボールを運ぶ姿を見てほしいと思います。あと数日で本番です。いかに学級・団としての力を高めていくかが勝負です。

 

 

 

標題についての文書を生徒を通して、本日配布しました。目を通していただきますよう、お願いいたします。なお、このホームページにも掲載させていただきました。

↓               ↓               ↓

児童生徒等に新型コロナウイルス感染症が発生した場合等の対応について

ボクシングチャンピオン 田中恒成選手のメッセージ動画を見るには、以下のようにお願いします。

パソコンから→→ 上の黒い帯中の白抜き文字で表示された「ボクシング 世界チャンピオン 田中恒成選手からのメッセージ」の文字をクリックしてお入りください。

スマートフォンから→→ 「チャンピオン 田中恒成選手のメッセージ動画を見るには」をタッチし、今ご覧いただいている説明文があります。この説明文の下に固定ページがあります。その中に、青文字で「田中恒成選手からのメッセージ」があります。その部分をタッチし、お入りください。

毎年7月、「社会を明るくする運動」として、更正保護女性会・保護士、町づくり市民会議の方々から、3年生には「生徒のみなさんが健全に育っていくように」と思いのこもった手作りの栞とポケットティッシュ、2・1年生にはポケットティッシュをいただきました。代表として、生徒会メンバー、3年生学級委員代表が受け取りました。ありがとうございました。

 

 

 

6月29日(月)生徒総会が行われました。生徒会顧問・特活部の先生方、生徒会メンバーの思いから、Zoomを使った生徒総会を行うjこととなりました。各学年の教室付近にWi-Fiルーターを設置、各教室に大型モニターとi-padを接続し、画面を見ながら生徒全員が参加できる形を作りました。

今年度、前期生徒会スローガンは「加速」に決定し、平和中学校の伝統をさらに加速させ、高めていこうとする思いが込められています。このコロナ禍の中でも、平中の文化と伝統を大事にし、さらに高めていってほしいと願っています。

この取組は、6月30日中日新聞朝刊の東濃版に掲載されています。ご覧ください。

6月26日(金) 本校中庭で、生徒会役員・生活環境委員は、まちづくり市民会議・更生保護女性会の方々とともに、挨拶で絆の日(挨拶運動)の活動に取り組みました。新型コロナ感染予防として大きな声は出せませんが、地域の方々とともに、挨拶を大事にしようと活動することができました。

 

 

委員