とてもすばらしい合唱を多くの人に聞いてもらうことができました。みなさんの声の重なりが、学級の力の高まり、平和中学校の文化の高まりへ、そして、伝統への高まりへとつながったように思いました。合唱祭スローガン「楽笑~学年をこえて伝統につなぐ~」に向けて、合唱交流会や三年生からの合唱指導があり、合唱祭が合唱を学校の伝統にするためのよい会になったと喜んでいます。多くの方々にご来場いただき、感謝しております。

 

 

11月29日(木)13:30~ バロー文化ホール(小ホール)にて、平和中学校の合唱祭を行います。生徒たちは一生懸命合唱を練習してきました。学級・学年・全校で創り上げるハーモニーをぜひお聞きください。

なお、生徒席と観客席と分けておりますので、ご協力をお願いいたします。

 

 

 

11月17日(土)授業参観・教育講演会がありました。多くの保護者の方に参加していただき、生徒の取組の姿を見ていただくことができました。また、教員の授業の工夫もいかがでしたでしょうか。

また、多治見市立陶都中学校出身の荻原雅斗氏による「人生はネタづくりだ。君ならどんなネタをつくる?」という演題で講演をいただきました。ソフトテニスで3度日本一になられている荻原さんは、カンボジアでソフトテニスの指導をされておられます。また、カンボジアで起業され、活躍されています。それまでの経緯や努力の歩みをお聞きし、中学生の今必要なことをたくさん教えていただきました。生徒にとって、とてもためになるお話をしてくださいました。

本日、平和中学校の生徒会と福祉協議会の方と一緒に、赤い羽根共同募金の活動を行いました。登校の際には生徒から、講演会後には保護者からの募金を募りました。ご協力ありがとうございました。

 

 

 

11月7日(水)昼休み、2年生の合唱を全校生徒で聴きました。声の大きさ・各パートの融合によるきれいなハーモニー・声量の強弱・歌う表情など、がんばって練習してきた成果があらわれていました。2年生のみなさんは、9日に行われる多治見市中学校音楽祭に出場します。平中の合唱の伝統を伝えてきてください。がんばれ2年生!

 

 

11月5日(月)、ALTのジュリアスが家庭の事情で、お辞めになります。昼休み、ジュリアスとの「お別れ会」を行いました。さわやかで、いつも明るく、元気を与えてくださるジュリアスさん。誰からも親しまれていました。生徒みんなで、感謝の気持ちを込めて合唱しました。ジュリアスさんの思いを胸に、これからも頑張ります! ジュリアスさん、今までありがとう!! THANK YOU!

 

 

11月4日(日)、本校PTA主催の資源回収が行われました。地域の方々のご協力により、たくさんの資源を出していただき、感謝しております。今後とも、ご協力をお願いいたします。

 

 

10月25日(木)総合学習の時間に、この地域で働く4人の方に、職業についての話を伺いました。旅行会社・陶器会社・作業療法士・市役所(公務員)の方々の仕事内容、仕事での苦労や喜びなど、お話を聞き学びました。生の声を聞くことで貴重な体験となりました。

 

 

 

10月24日(水)・25日(木)の2日間、2年生の生徒が、体験を受け入れてくださった事業所やお店等に出向き、職業体験をしてきました。働くことの大変さ、逆に、働くことの喜びを感じることができました。体験することで、様々な苦労を感じることができました。この体験を生かし、これからの進路学習につなげていきます。ご協力くださった皆様方に、感謝申し上げます。

 

 

10月22日(月)昼休み、健康委員会主催の全校遊びが行われました。TV番組の「ドロ刑」が浮かぶのですが、『刑ドロ』(本校ではこう呼ぶ)という遊びを全校で行いました。全校生徒が一つの遊びを行えるのは、本校のよい文化だと思います。昼休みはグランドで遊ぶことも、どんどん増えるといいなあと思っています。健康委員会のみなさん、企画をありがとう!