今年度の体育祭は、新型コロナ禍の中でも実施できるよう取り組んできました。 ソーシャルディスタンス縄跳びや、ウーバーボールといった新種目を設け、体育祭当日に向けて取り組んでいます。

ウーバーボールに向けては、3年生がボランティアで、種目で使う道具を製作し、全校に貢献する姿が見られました。

種目では、異学年でチームを作り、素早くボールを運ぶ姿を見てほしいと思います。あと数日で本番です。いかに学級・団としての力を高めていくかが勝負です。

 

 

 

 

6月29日(月)生徒総会が行われました。生徒会顧問・特活部の先生方、生徒会メンバーの思いから、Zoomを使った生徒総会を行うjこととなりました。各学年の教室付近にWi-Fiルーターを設置、各教室に大型モニターとi-padを接続し、画面を見ながら生徒全員が参加できる形を作りました。

今年度、前期生徒会スローガンは「加速」に決定し、平和中学校の伝統をさらに加速させ、高めていこうとする思いが込められています。このコロナ禍の中でも、平中の文化と伝統を大事にし、さらに高めていってほしいと願っています。

この取組は、6月30日中日新聞朝刊の東濃版に掲載されています。ご覧ください。

8月5日(月)・6日(火)の2日間、多治見市連合生徒会が行われました。各学校の取組を交流したり、生徒会が抱える問題などを交流したりして、これからの活動に生かしそうとする会です。本校からも3名の生徒が参加しました。本校の取組ついてもしっかりと紹介し、有意義な2日間になったそうです。これからの生徒会運営を楽しみしています。

 

 

本校には、先輩方が残してくださった合唱曲「つなぐ」があります。東北大震災の後、多治見市と交流のある二本松市の仲間のことを思い、生徒会が作ったものです。この曲を本校の大事な曲として、毎年下級生へと引き継いでいます。今日も、この曲を後輩に聞かせるために、2・3年生が練習しました。

来週には、すばらしい歌声を後輩に聞かせ、ともに歌う場へとつなぐ予定です。

6日6時限目、生徒集会が行われました。この生徒集会では、今年度の体育祭の説明が行われました。今年度の体育祭のスローガンは、「同志」に決定しました。

「誰もが同じ思い(志)をもって、よい体育祭にしたい」という願いが込められています。先に行われたキャンペーンで、全校◎の日が一日もなかったことを生徒会執行部は残念に思っています。体育祭成功の裏には、普段の生活がしっかりとしていることがあげられます。全員で同じ思いをもって、体育祭に向かっていきましょう。

 

 

4月26日(金)生徒総会が行われました。その中で、今年度の生徒会スローガンが決定しました。生徒会スローガンは、「全進」です。”平和中の全校生徒が、平和中学校の黄金時代をさらに高め、進めていこう”という願いが込められています。また、サブタイトルとして、~自ら考動~が付けられています。自ら進んで考え、動いていこうという願いも込められています。このスローガンを目指し、全校生徒一丸で取り組んでほしいと願っています。

4月10日(水)5時間目、2・3年生が1年生と対面する会が行われました。2・3年生は、「校歌」・「春に」を1年生に披露し、平中の伝統の一つを味わってもらいました。また、平中のくらしの紹介、生徒会の活動の紹介をし、177名の全校生徒が平中の黄金時代の確立に向けて歩み始めました。生徒会のみなさんのすばらしい会の企画に感謝です。

 

 

3月4日(月) 卒業式全校練習後に、平成31年度生徒会役員認証式、旧役員から新役員への引継ぎ式が行われました。新生徒会役員からは、現生徒会役員の功績と、平和中学校の黄金時代を引き継いでいく旨の話がありました。巣立っていく3年生が中心となって残したものは、非常にすばらしいもの(生活・文化・財産)でした。それを引き継ぎ、新たな年度に向かってがんばろうとしているつぼみ(新役員の思い)を感じました。先輩から後輩へ! 伝統を引き継ぐ平中の素晴らしさを今日も感じました。

その後、卒業記念品の紹介がありました。休み時間にたくさん遊ぶことができるように、ドッチビーやラグビーボール、バレーボールなどが卒業生から在校生に贈られます。その紹介を卒業生が行いました。誰もが笑顔になれるように、使わせていただきます。

 

 

平成31(2019)年度 平和中学校を支える生徒会役員選挙立会演説会と選挙が行われました。新役員を目指して立候補した生徒たちの堂々とした姿、思いや決意のこもった演説、それをしっかりと聞く平和中の生徒たち。どの姿をとっても、落ち着いていてすばらしい様子でした。来年度も”平和中学校の黄金時代”が継承されていくことが間違いないと感じる場でした。

 

 

1月30日(水)昼休み・帰りの会にて、全校合唱に向けてのパート練習がありました。このパート練習は、本校文化委員が企画し、行っています。3年生の文化委員だけでなく、多くの3年生が合唱をよいものにしようと下級生に指導しています。こういった取組が、本校の強みになっています。また、文化委員長が練習のよさを認め、全校に広げています。3月5日の卒業式は、平成30年度の全校生徒で歌うことのできる最後の全校合唱の場となります。最高の歌を目指して頑張っていきます!!