今回の命を守る訓練は、地震や火災以外の場合を想定したものになりました。
 事前に多治見警察署の方から講習を受けていたのですが、いざとなると職員もどうすればいいのかを考える必要があると再認識しました。
 訓練後には、多治見警察署の方から、ネットとの正しい関わり方について話をしていただきました。便利なものである一方で、トラブルのきっかけになるなど、様々な落とし穴があります。これを機会に、一人一人が改めて家族の方と約束を決めたり、使い方について考えられたりするといいですね。

このように、職員も事前に研修を受けていました・・・。

 2年生は11月1日から二日間、1年生は11月1日に、キャリア教育の一環として、職業体験学習・職業講話が行われます。今日は、その直前の授業を行いました。『働く』ということを、実際に学ぶことができる場です。充実した機会になるといいですね。
 なお、2年生の皆さんについての万一の動きについては、学年の先生から事前に説明のあった通りです。事業所から戻るまでが職業体験学習です。気を引き締めて、活動に参加して下さい。

 10月30日(月)の放課後に、11月5日(日)に実施する第2回資源回収に関わる分団会を実施しました。いつ、どこに集合し、集荷するのかの確認に加え、危険箇所の共有も行いました。生徒の皆さん、保護者・地域の皆様、5日はよろしくお願いします。

(地域の皆様へ)
 本校の資源回収は、11月5日(日)8時15分から行います。小雨は決行しますが、中止の際には、11月12日(日)に実施します。ご協力のほど、よろしくお願いします。

 夏の暑い時期も乗り越え、きれいな花をつけ、私たちを和ましてくれた花とも、いよいよお別れの時がやってきました。10月27日のプチボラでは、パンジーなどを次に植える準備として、花壇の整備を行いました。本当に感心してしまうのは、多くの生徒の皆さんが出てきて、作業に参加してくれることです。いつもありがとうございます。そして、次回もよろしくお願いします。

 10月21日(土)に、今年度2回目の授業参観と、教育講演会が行われました。授業参観では、真剣に問題に取り組んだり、仲間と共に課題解決を図ろうとする姿が見られました。
 その後に行われた教育講演会では、市の歯科医師会会長である岩崎隆弘様による『東日本大震災における検視について』という演題の講演を行っていただきました。命というものについて考える、貴重な時間となりました。
 足下の悪い中、多くの保護者にお越しいただき、ありがとうございました。

 平成29年度も、いよいよ後半に突入です。始業式で校長先生の話の後、後期生徒会執行部の認証式が行われました。校長先生のお話の内容や、生徒会長が話した内容をしっかりと理解して、後期の生活に臨みましょう。

 10月6日(金)、前期終業式が行われました。
 校長先生の話の後に、各学級の前期の成果と課題を発表する【財産交流会】が行われました。それぞれの学級が、学級目標の達成に向けて、どのように取り組んできたのかや、後期に向けての課題について、聞き手を意識して話す姿が印象的でした。