1年生がアサガオのツルでリースを作りました。アサガオは、春から学校で育て、一人一人自分のアサガオに毎日水やりをしました。夏休みには家庭に持ち帰り、ご家族のご協力で水やりを続けました。

教室で作り方を勉強してから、外に出て、支柱からツルを外しました。

こんな感じで一人一人のリースができつつあります。

最近は曇り空が多かったのですが、今日は見事な秋晴れに恵まれました。児童会が「外で元気に遊ぼうキャンペーン」を実施しています。15分の業間休みに、子ども達は元気に外で遊んでいます。

学級ごとに、担任が説明する形で不審者対応訓練を行っています。夏休みのうちに、多治見警察署生活安全課の方を講師に招き、職員の不審者対応訓練を実施しました。それを受けて、児童の訓練は学級ごとに行っています。写真は、1年生の学級での指導の様子です。

今日は、全3回の最終回。講師の先生方は、前回に続き、岐阜県公衆衛生検査センターから、環境課長兼事務局長の溝口智子さんと環境係技師兼事務局員の猿井涼太さんをお迎えしました。

再生可能エネルギーの実例として、風力を光に変える実演や、太陽光を利用した調理器具の紹介がありました。

手回し発電機で電気を起こし、音や光、運動、力に変える実験を行いました。

地球温暖化への対応策には、緩和策と適応策の2つがあることも学びました。最後に、3回の学習を活かして、一人一人が「クールチョイス宣言」を記入し、1ヶ月チャレンジを行うことになりました。

第3学年・鈴村清孝さんが、2021年度岐阜県小学生・中学生学年別水泳競技大会において、50m平泳ぎ第2位、200m個人メドレー第3位の成績を収めました。おめでとうございます。今後の更なる活躍を期待します。

第6学年・山田悠真さんが、ジュニア・プログラミング検定Scratch部門で、Gold(1級)に見事に合格しました。おめでとうございます。今後の更なる活躍を期待します。