滝呂小学校は図書館教育にも力を入れています。東濃地区教育推進協議会主催の学校図書館教育賞に応募し、審査の結果、この度、東濃地区で唯一の総合優秀賞を獲得しました。6年に渡り継続して応募し、各部門の優秀賞獲得を積み上げた結果です。

東濃地区教育推進協議会会長・渡辺哲郎多治見市教育長様から表彰状と縦をいただきました。

今日は、昨日に引き続き、中学年(3、4年生)の授業参観でした。たくさんの保護者の皆さんに参観していただき、ありがとうございました。

3年生は、グループごとに、自分達が調べてまとめた「滝呂小学校の自慢」を発表しました。緊張した様子でしたが、練習の成果が発揮できましたね。

4年生は「初志式」。一人一人、自分の将来の夢や家族への感謝について発表しました。息の長い発表を立派にしていましたね。

かぜのこ学級は、個別の学習の様子を見ていただきました。頑張っている様子を見ていただくことができて、嬉しかったですね。

4年生「初志式」の後には、保護者の方々がお子さんに内緒で書いてくださっていた手紙が渡されました。子どもたちは、サプライズに笑顔を浮かべ、神妙な顔つきでお手紙を読んでいました。

授業参観の後には、「滝っ子音楽会」の様子を、大型モニタで見ていただきました。

学校運営協議会は今年度5回目。委員の皆さんに授業参観の様子を見ていただいた後、学校評価の内容についてご意見をいただきました。お忙しい中、お集まりいただき、また、貴重なご指導をいただいて、ありがとうございました。

明日は、高学年(5、6年生)の参観日です。

今日は、間もなく卒業を迎える6年生へのお祝いとして「セレクト給食」が行われました。6つの食品栄養素群からバランスよくメニューを選んで、好きなものを食べるという企画です。正しく選べるように、学校栄養職員による事前指導も行われました。

たくさんのメニューを調理するために、他の調理場からもサポートスタッフの方々が駆けつけてくださいました。

美味しそうなメニューばかりです。

全部並ぶと、こんな感じ・・・。

苦労して企画・調理してくださった方々に感謝して、「いただきます!」小学校の思い出が、また一つ増えました。

今日は、今年度最後の授業参観日です。新型コロナ感染拡大防止対策として、教室内への入室を3分の1程度に制限させていただき、他の時間はワークスペースやベランダから参観をしていただきました。保護者の皆様には、ご理解とご協力をいただき、ありがとうございました。

1年生は、生活科の授業で自分が今年できるようになったことをみんなの前で発表しました。たくさんの人の前で発表するのは、少し緊張していたようですが、頑張って発表することができました。

2年生は算数の授業で、かけ算を使って、チョコレートの数を工夫して計算する方法を考えました。自分の考えを明確にして、みんなの前で発表し、交流することができました。

8日(水)は中学年、9日(木)は高学年の参観日です。

 

滝呂小学校では、「滝っ子班」という異学年グループで、掃除や遊びの活動を行っています。今日から新しい掃除場所の掃除が始まりました。

6年生の班長は、まず1年生の教室まで1年生を迎えに行き、掃除場所まで案内しました。

集合したら、班ごとに役割分担をしました。

早く新しい場所の掃除の仕方を覚えて、上手にできるようになるといいですね。

今日の午後は、多治見市教育研究会で、先生たちは所属する教科等の部会に分かれて研修会です。そのため、市内の小中学生はみんな午前授業で下校しています。久しぶりに、通学班による集団下校です。午後からの時間を有意義に使えるといいですね。

滝呂小学校は、日本教育工学協会から「学校情報化優良校」の認定を受けました。授業や学校業務に積極的にICTを活用している学校が対象です。多治見市は、市立小中学校すべての認定を目指しています。

子どもたちの学習の個別最適化や教職員の働き方改革を一層推進していきます。