前期児童会のスローガン「みんなが笑顔で安心できる精華小~あいさつ、校内ルール~」を紹介し、児童会あいさつキャンペーンを、寸劇を交えて紹介しました。寸劇では、どんなあいさつの仕方がよいかよい例悪い例を紹介しながら説明しました。

大雨洪水警報発令時における児童引き取り訓練を1年生のみを対象として行いました。スムーズに行うことができました。ご協力ありがとうございました。

1年間を通して、6年生と1年生、5年生と2年生、4年生と3年生でペアになり、いろいろな活動をしていきます。今日は、活動の初日として、顔合わせをしました。高学年の児童が紹介カードを渡したり、その場でできる簡単な遊びをしたりして交流しました。

セイフティ精華の方13名を迎え交流会を開きました。13名の一人一人の紹介とあいさつや、児童会代表がお礼の言葉を言いました。日ごろお世話になっているセイフティ精華の方への感謝の気持ちを伝えました。

前期児童会執行部の7名が紹介され、一人一人が抱負を語り、学校長から任命書を手渡されました。前期委員会の委員長も、紹介があり、抱負を一人一人語り、学校長から任命書を手渡されました。そして、4年生から6年生の各クラス2名の代議員が紹介されました。やる気のある気持ちが伝わる挨拶や姿勢、返事でした。

新1年生は6年生と手をつないで入場しました。2年生~6年生による歓迎の言葉の呼びかけと校歌、全校で「精華小クイズ」を赤白帽子を使って答えました。6年生の代表が歓迎の言葉と1年生の代表へびゅんびゅんごまのプレゼントをしました。1年生からお礼として、呼びかけと「ドッキドッキの1年生」を振りつけて歌いました。心温まる会になりました。

地震によって火災が発生したという設定で、避難訓練を行いました。目当ては、避難経路を知り「おはしも」を守って安全に避難することでした。800名弱の児童が、整然と静かに6分18秒で避難することができました。今後の課題は、火の回りを考えて5分以内で避難できるようにすることです。その後、消防車による放水を見せてもらいました。また、消火器の使い方を学び、6年生の児童が代表で消火器を使った訓練をしました。

120名の新1年生を迎えて、入学式が行われました。
6年生の代表が歓迎の言葉や、6年生が「ドッキドッキの1年生」を楽しい振り付けと歌で歓迎しました。

転入職員16名が、一人ひとり短い言葉ですが、楽しく分かりやすい自己紹介がりました。

そのあと、転入生7名の紹介がありました。
学校長からは、学校の教育目標に向かって、次の3つに努力してほしいという話がありました。①自分から進んであいさつ②たくさん遊んでたくさん勉強して、元気な体と頭を鍛える③自分の目当てをもって取り組む。キーワード「笑顔とやる気」

児童代表の言葉として、2年生と4年生の代表が新しい学年になって頑張りたいことを話しました。
担任が、学校長から紹介され、児童はドキドキワクワクしながら発表を聞いていました。

生徒指導からは、自分の命、仲間の命、物の命を大切にしようという話がありました。