学校長からは、「えがお やる気」を合言葉に4月から一生懸命にやってきたことの成果が多く見られたこと、夏休みの生活では、「~しなさい。」と言われる前に、自分から「~やるよ。」と言って気分良く生活できるようにしよう。8月29日にみんなが元気で集まることができることを楽しみにしていますという話がありました。
生徒指導の日下教諭からは、夏休みを「安心・安全」に過ごすために、
①交通事故に合わないようにする。特に飛び出しに注意する。
②池・川は子どもだけでは絶対に行かない。
③自転車はヘルメットをかぶりスピードを出さない。
④花火はおうちの人と一緒にやる。
⑤出かけるときは「誰とどこへ、いつ帰るのか」家の人に伝えて遊びに行く。
⑥用事もないのに子どもだけでお店に入らない。
⑦お金の貸し借り、お金や物をあげたりもらったり貸してあげたりしない。
などの話がありました。

学校に不審者が侵入したという設定での訓練を行いました。不審者が侵入した教室の先生や児童の動き、犯人を取り押さえる先生の動き、全校の児童の動きなど、児童の命を守るための対応の仕方の訓練を行いました。体育館では全校が集まり、警察の人の話、学校長の話を聞きました。

児童会から、運動会のスローガン「せいいっぱい いっしょにがんばり ががやこう」これには、みんなで協力し、一人一人が力を出し切り輝こうという願いが込められているという話がありました。
赤白団長に学校長より団旗が渡され団長が抱負を述べました。応援団の一人一人がステージ上で自己紹介をしました。
白組のスローガンは、「一致団結かがやけ白組」白組みんなが心を一つになるという願いが込められています。
赤組のスローガンは、「心を一つに燃えろ赤組」で、心を一つにし全力で取り組み勝利を勝ち取っていくという意味が込められています。
全校が運動会に向かって精一杯取り組んでいこうという気持ちの現れた結団式になりました。

先日精華公民館で行われた精華校区わたしの主張大会で、学校代表として出場した8人の紹介がありました。その後、最優秀賞に輝いた6年生の鈴木愛未さんの「大親友」を全校で聴きました。鈴木さんは今週の土曜日にバロー文化ホールで行われる多治見市の大会に出場します。

6月12日から読書週間が始まります。図書委員会から読書週間中の企画について話があり、とても楽しみです。とってもはっきりと堂々とした態度で話しました。

4年生の社会科で、駅前交番の佐藤さんを含め4人の警察官の方に、警察の仕事の話を聞きました。