JICA研修員の学校訪問

JICAが実施している研修員受入事業の中で、JICA中部を訪れてみえる10名の研修員の皆さんが、市之倉小学校へお越しくださいました。研修員の皆さんは、母国において学校保健、公衆衛生、健康増進等に関する行政に携わっておられる方々です。市之倉小学校では、正しい歯磨きの方法、歯肉炎予防の方法などについて、各学年において年間で5~6時間程度の授業を実施しており、また、この他にも「早寝・早起き・朝ごはん」などの生活習慣、歯磨きの方法や習慣などについて見直すために、6月、11月、2月の年3回、「健康づくり週間」を設けて、家族ぐるみの取組を推進していますが、研修員の皆さんは、この市之倉小学校方式の歯科保健指導の様子を見学にみえたのです。

第3校時には、2年生~5年生で実施された歯科保健授業を参観していただきました。子ども達の発言や教師の発問は、無線機を通じて研修員の皆さんのイヤホンに同時通訳が流されていましたので、授業の内容もよくわかっていただけたはずです。研修員の皆さんは、子ども達の活動の様子を興味深く見守っておられました。2年生授業「歯をきれいにみがこう」では、第1大臼歯の磨き方を学びました。↓3年生授業「おやつの取り方、噛むことの大切さを知ろう」では、むし歯になりにくい食事の取り方を考えました。↓4年生授業「よく噛んで食べることの大切さを知ろう」では、実験することをとおして噛むことの大切さを知り、よく噛む方法を考えました。↓5年生授業「健康な歯肉にしよう」では、歯肉のはたらきと歯肉炎の原因について学びました。↓

第4校時には、全校児童が体育館に集まり、研修員の皆さんにも参加していただいて、「ふれあい集会」を実施しました。はじめに子ども達が歓迎の合唱を披露しましたが、研修員の皆さんからお礼の意味を込めてダンスを披露してくださいました。10名の研修員の皆さんは、カンボジア、フィジー、ガーナ、ラオス、モザンビーク、ミャンマー、スリランカ、ザンビアの8カ国から、それぞれ来日しておられます。集会のはじめには、研修員の皆さんの自己紹介の中で、母国のことについても簡単に紹介していただきました。そして、研修員の皆さんと子ども達が一緒になって、「じゃんけんジェンカ」を楽しみました。笑顔あふれる「ふれあい集会」でした。

昼食が終わって、研修員の皆さんは、「図書まつり」の活動の1つとして図書館で行われていた「しおりづくり」に参加されました。子ども達とのコミュニケーションをうまくとりながら、楽しく活動ができました。昼休みの後の清掃活動も参観されましたが、日本の学校における独自の習慣である「そうじ」を興味津々の様子でご覧いただきました。

第5校時には、1年生と6年生の合同保健授業を参観していただきました。上級生が下級生の歯みがきトレーニングをするという活動について、研修員の皆さんからは口々に「とても素晴らしい活動だ」と褒めていただくことができました。1年生は「歯みがきの仕方を教えてもらおう」、6年生は「1年生の歯みがきを手伝おう」をテーマに、授業を実施しました。1年生と6年生がペアになって歯みがきを行い、6年生が1年生に上手な歯の磨き方を教えました。↓

全ての参観が終わった後、会議室で質疑応答の時間をとりました。様々な角度から質問や感想をいただき、活発な意見交流の時間となりました。研修員の皆さんは、市之倉小学校の見学を最後に研修を終え、週末には帰国されると伺っています。もしかしたら、市之倉小学校方式の歯科保健指導が、これを機会に世界へ広がっていくかもしれないと考えると、何だかワクワクするような思いがします。