生徒へのタブレット端末の貸与、各教室への大型モニターの設置、校内のWi-Fi環境の整備など、この2年間のコロナ禍で多治見市の「GIGAスクール構想」は大きく前に進みました。最初は「まず使ってみる」こと自体が目的でしたが、今は「どの場面で、どのように使用するのが効果的か」という有効利活用を検証する時期に入っています。タブレットを使用する場面とノートに鉛筆で記入する場面、黒板を使う場面と大型モニターを使う場面など、最も効果的な学習形態をその都度選択し、学習できるようにしていきます。

3年生 国語の授業 タブレットをお互いに確認しながら
3年生 英語の授業 タブレットに送られた課題の中から自分に合ったものを選択
大型モニターを利用して
2年生 数学の授業 黒板と大型モニターの両方を駆使して
1年生 家庭科の授業 タブレット端末で調べたことを参考に、プリントに自分の衣服をデザイン
委員会・生徒会の活動にもタブレットが大活躍

 本日、PTA環境委員会による「花いっぱい運動」を実施しました。昨年度はコロナ禍で資源回収が中止になったことを受けて第1回目の「花いっぱい運動」もなくなりました。従来は資源回収後の時間を使って実施しています。今年度は第1回の資源回収を回収週間に切り替えたことで、「花いっぱい運動」単独の活動となり、ボランティアが集まるか心配していましたが、100名を超える参加者があり、短い時間で作業を終えました。保護者の皆さんに加えて、「北栄地区まちづくり市民会議」の小学生ボランティアも参加し、協力してくれました。あっという間に「フラワーロード」ができ上がりました。皆さん、ご協力ありがとうございました。

たくさんの生徒がボランティアに参加
小学生も協力してくれました
たくさんの参加、ありがとうございました
あっという間に出来上がった「フラワーロード」

 昨日の昼休みに、女子バレーボールクラブが校長室を訪れ、大会での活躍を報告しました。女子バレーボールクラブは先週行われた東濃地区春季大会で見事優勝し、県大会出場を決めました。おめでとうございます。

今日の授業風景(1、2年生)

1年生 社会科の授業 よく手が上がっています。活気がありました。
2年生 理科の授業 化学変化の実験中
みんなで実験結果の考察を交流しています

 ゴールデンウィーク中に様々な種目で大会が開催されました。男子卓球クラブが岐阜県中学生卓球大会の東濃地区予選で、準優勝したという嬉しい報告をしてくれました。コロナ禍においても、部活動やクラブ活動も少しずつまわり始めています。それぞれの種目で北陵中の生徒が精一杯頑張っていることがとても誇らしいですね。

学校長に奮闘ぶりを報告
男子卓球部の精鋭達

 昨日、2年生宿泊研修(漁村体験)についての保護者説明会をオンラインにて開催しました。保護者の皆様におかれましては、お忙しい中、またお疲れのところ多数参加していただきありがとうございました。保護者の皆さんの2/3の同意を得て、正式に開催を決定します。

学校の一室からオンラインで配信中。
8〜9割近くの保護者の方の参加をいただきました。