冬休みが明け、大きな事故等もなく、笑顔でスタートを迎えることができました。

全校集会では、安藤校長先生、生徒会代表からは田積会長が新しいスタートに際して熱く話をしました。

安藤校長先生からは、AI(人工知能)が東大を目指したが、読解力が人に及ばず計画をあきらめた話を例に、読解力の大切さを話されました。

田積会長からは、政治に興味を持つことの大切さや、北陵中の課題であるあいさつを変えていきたいという願いが語られました。

新しいスタートの集会。聴き手も真剣に耳を傾け、誰もが自分の新年の決意を改めて確認したことと思います。

冬休み1日目の今日、「TEAM 北陵M.S.J」としての活動第一弾の「大掃除ボランティア」が行われました。

総勢100名近くの生徒がいつもお世話になっている「旭ヶ丘児童センター」「旭ヶ丘公民館」「根本交流センター」の3カ所に分かれ、大掃除の手伝いを行いました。

窓ガラスふきやワックスがけなど仲間と協力して取り組み、約1時間でボランティアを終えました。

来年も、「TEAN 北陵M.S.J」として活躍していくことを期待しています。

今日から北陵中学校は、冬休みに入りました。

昨日行われた冬季休業日前集会では、校長先生をはじめ、各学年の代表、生徒会の代表が一年の振り返りや冬休みにむけての意気込みを語りました。

また、多治見警察署の方から「MSJリーダーズの証」の授与が行われました。

今まで「TEAMボランティア北陵」として受け継がれてきた大掃除ボランティアや地域の祭りの手伝いなどのボランティア活動を、今後は、「TEAM 北陵M.S.J」と名称を変え、警察の支援を頂きながら活動をさらに展開させていきます。

 

また、集会の最後には、後期の大会等で優秀な成績を残した生徒の表彰が行われした。

今回も数多くの生徒が表彰されました。表彰のなかには、1000件以上の応募から8件しか選ばれない朝永振一郎記念の「科学の芽」賞もあり、多くの生徒から感嘆の声が上がる場面もありました。

 

 

また、冬休みの生活について誠実が発行されました。

1222誠実(地に足をつけて)

 

 

今日の5,6時限目に2年生が学年レクを行いました。

5時限目は、各学級対抗でバスケットボール、バレーボール、サッカーを行いました。

6時限目は、場所を体育館に場所を移し、障害物競走、借り物競走、大根抜き、人間ボートを行いました。

どの競技もクラスやチームで協力して取り組んだり、応援したりする姿が多く見られました。

また、今回の学年レクは、各学級の学級委員が主体となって準備や片付けを行いました。

来年度最高学年になることを意識しつつ、自分たちで考え、行動できる2年生が増えてきています。来年度の北陵中学校もさらなる飛躍が期待できそうです。

1年生が、総合的な学習の時間で、職業講話を実施しました。

生徒は、事前に職業観や職種について学習し、講話に臨みました。

どの講話も興味津々に聞き入る生徒の姿がありました。

2年生になると、今回の学習を生かしながら、職場体験に臨みます。

今回の講話を通して、夢を願いをもち、叶えるために邁進する中学校生活にする、そんな力を得ることもできました。

今回、お忙しい中、講話を引き受けて頂きました8名の講師の皆様、誠にありがとうございました。

昨日は、本年度3回目となる資源回収を実施しました。

PTAの方々、地域の方々、そして、北陵中生のボランティアのおかげで午前9時30分頃に全ての回収を完了することが出来ました。

ご協力ありがとうございました。

 

今日は、1年5組の社会科の授業公開を行いました。

「御家人は幕府を守ったのに、なぜ幕府を倒したのか」という課題に対し、

資料を活用したり、班の仲間と意見交流しながら考えを深めることが出来ました。

また、タブレット端末も活用し、班の意見をタブレット端末にまとめ、大型テレビに投影して発表するなど、クラス全体での交流も活発に行われました。

p1050352 p1050353 p1050361 p1050366 p1050375 img_0576 img_0595img_0550 img_0570

今日は、3年に1度実施される道徳計画訪問があり、全学級で道徳の授業を公開しました。

1年生は、「弱さと向き合い、よりよい自分を目指すことについて」2年生は、「良心に恥じないよりよい生き方について」3年生は「命の大切さについて」それぞれ資料をもとに考えました。どの学級も仲間の意見に耳を傾ける姿やグループ交流で自分の意見を語る姿などが見られ、意欲的に取り組むことができました。

全校の代表として授業を公開した2年1組では、多くの先生が見守る中でしたが、お互いの意見を大切にし合う温かい雰囲気で、「思いやりについて」考える授業を行いました。一人一人がじっくりと自分自身や学級の仲間を見つめながら、人の気持ちを「察して動く」ことの大切さを共有することができました。

これからも、「思いやりあふれる行動」がどんどん増えていきそうで、とても楽しみです。

img_0917 img_0920 img_0969 img_0977 img_0974 img_0975 img_0988 img_0992 img_0989

img_0860 img_0880 img_0869 img_0863 img_0864

いよいよ本年度の保育実習も最後となりました。

今日は、3年2組の生徒が保育実習を行いました。

今までの学級と同様に笑顔があふれ、また園児に対して親身に接する姿が印象的でした。

異年齢と触れうことでわかることはたくさんあるものです。

今回の実習を通して、今まで以上によりよく生きる3年生となることでしょう。

dsc01105 dsc01111 dsc01114dsc01125 dsc01148 dsc01144 dsc01136 dsc01124 dsc01120 dsc01109 p1010635 p1010648

 

 

 

総合の時間を利用して、多治見市内で禁煙外来を開設してみえる水田内科の水田先生から、喫煙の害と健康に関する学習として講話をしていただきました。

「世界でも多くの国々が「受動喫煙」について対策をとる中、私たちの身近な世界では、まだまだ自分たちの健康に害のあるものがあることが分かった。」

「私はもともとたばこのにおいが苦手だったけど、近くにいるとあんなにも害がおよんでいることが分かった。」

「いろんな人の体験談があったけど、ガンになりたくないので、友達に誘われても断ろうと思いました。」

「自分が吸うことで自分がガンになるのは分かるけど、あんなに多くの家族がガンになっているのは知らなかった。」

など、講話の中で改めて健康について考えたことを今日の確認ノートに書いてきている生徒も多くいました。

多治見市の学校は岐阜県内でもいち早く敷地内喫煙が実施され、子どもたちの健康を守る施策がとられています。

生徒たちも今回の講話から、自分たちで健康を守ろうと考えることができていました。

 

img_0690 img_0696 img_0694img_0698 img_0705 img_0709 img_0724img_0726