本日、北栄小学校の校長先生から「北栄小学校の校歌を録音してほしい」という依頼がありました。「長いコロナ禍で、小学生が校歌を歌わずに来ている。卒業式で歌いたいので中学生の歌声でデモテープを作ってほしい。」という趣旨のものです。文化委員長の呼びかけに応えて、今日の放課後何と男女合わせて50名余りの生徒が続々と音楽室に集まってきました。そしてわずかな練習を経て、本番。さすが志のある生徒達ばかり。素晴らしいデモテープが出来上がりました。

 寒さも随分と和らいできました。昼休みにみんなのために一生懸命働いている仲間がたくさんいます。北陵中学校ではこんな光景が当たり前になりつつあります。環境整美委員とボランティアは資源ボックスに集まった資源を倉庫に運び入れています。

 また、3年生を中心に新しくたち上がった「NK・HD」ー仲間に感謝、北陵大好きー運動。学校に感謝の気持ちを示し、昼休みなど隙間の時間を使って全校のために働く活動が始動していました。昨日は運動場の古くなったマットを剥がしていました。3年生も登校日数が20日を切りました。最後にこうして感謝の気持ちを行動に表す姿がステキですね。

昼休み 環境整美委員会とボランティアによる資源回収
3年生を中心としたボランティア活動「NK・HD」

 北陵中学校では2年4組が本校代表として、社会科の授業を公開しました。明治の三大改革について資料から読み取り、仲間と交流し、学びを深める姿をたくさん褒めてもらいました。

 1、2年生の期末テスト1週間前となり、今日から学習相談週間がスタートしました。放課後までの1時間足らずのわずかな時間ですが、教室に残って自分で学習に取り組んだり、教科の先生に質問して理解を深めたりする姿がたくさん見られました。勉強の成果が十分に発揮されると良いですね。