9日(土)に、今年度2回目の愛校日作業が行われました。今回も多くのPTA会員の方々、学校運営協議会森部会の方々にご協力をいただき、主に、北舎教室等の清掃、やすらぎの森展望台の修復を中心に、熱心に作業していただきました。子どもたちが、快適に安全に学習できる環境を整備することができました。休日の早朝からの作業でしたが、誠にありがとうございました。

 今朝は、今年度2回目の、多治見市いっせい挨拶運動日「挨拶で絆の日」でした。青少年まちづくり市民会議の方々や、PTA役員の方々など、多くの方々が、通学路の二箇所で、登校する子どもたちとハイタッチ挨拶を交わしていただきました。また今回は、3年生の児童4名が、「自分も大人に交じって活動したい」という願いを持ち、一緒に参加してくれました。

 9日(水)に、第3回家庭教育学級が開催されました。今回は、市之倉小の子どもたちに給食を提供していただいている、昭和小学校近接校対応調理場から栄養教諭を講師にお迎えし、塩分を控えた食事の必要性等についての講話をしていただきました。講話の後は、給食の試食会が実施されました。午後からは、家庭教育委員の方々を中心に、子どもたちが日々使用している、給食配膳用エプロンの修繕をしていただきました。

 市之倉小PTA家庭教育委員会の活動が、東濃地区の子育て・親育ち通信『家庭教育なう№7』に掲載・紹介されました。今回は、在宅取組型家庭教育学級として、今年度で2回目となる、「スキンシップで心あったか幸せ週間」に関わる取組みをとりあげていただき、スキンシップを通して、家族の絆を深めるよさを広げることができました。

 今朝は、恒例の「PTAさわやかあいさつ」でした。朝はずいぶん涼しくなり、気持ちのよい空気の中で、元気な挨拶とハイタッチが行われました。