13日(金)に、第4回家庭教育学級が開催されました。今回は、多治見市教育委員会教育相談担当の土屋美之先生を講師にお迎えし、『親は知らない?子どもは知っている?ネット事情~知っておくべき最新情報と注意点』と題した、ネット社会における子育てのあり方について講話をしていただきました。講話の中では、参加者がグループに分かれ、ネット利用についての意見を交わしたり、ロールプレイによって子どもの気持ちを考えたりするなど、充実した研修を行うことができました。今回をもって、今年度全4回の家庭教育学級が終了し、閉級式も行われました。

 30日(土)に、市之倉小PTA企画・主催の親子イベント『逃走中!in市小』が行われ、多くの子どもたちが参加しました。このイベントは、市之倉小の校地内を「エリア」とした大がかりな鬼ごっこで、子どもたちは、数々の「ミッション」をクリアしながら、決められた時間内で「ハンター」から逃げ切るというゲームです。当日は、多くの保護者の方々が、ハンター役・見守り・救護等の運営に協力していただきました。また、中学生のボランティアスタッフにも参加していただきました。冬晴れのもと、子どもも大人もおおいに身体を動かし、さわやかな笑顔が溢れた大成功のイベントとなりました。

 9日(土)に、今年度2回目の愛校日作業が行われました。今回も多くのPTA会員の方々、学校運営協議会森部会の方々にご協力をいただき、主に、北舎教室等の清掃、やすらぎの森展望台の修復を中心に、熱心に作業していただきました。子どもたちが、快適に安全に学習できる環境を整備することができました。休日の早朝からの作業でしたが、誠にありがとうございました。

 今朝は、今年度2回目の、多治見市いっせい挨拶運動日「挨拶で絆の日」でした。青少年まちづくり市民会議の方々や、PTA役員の方々など、多くの方々が、通学路の二箇所で、登校する子どもたちとハイタッチ挨拶を交わしていただきました。また今回は、3年生の児童4名が、「自分も大人に交じって活動したい」という願いを持ち、一緒に参加してくれました。

 9日(水)に、第3回家庭教育学級が開催されました。今回は、市之倉小の子どもたちに給食を提供していただいている、昭和小学校近接校対応調理場から栄養教諭を講師にお迎えし、塩分を控えた食事の必要性等についての講話をしていただきました。講話の後は、給食の試食会が実施されました。午後からは、家庭教育委員の方々を中心に、子どもたちが日々使用している、給食配膳用エプロンの修繕をしていただきました。