今日から後期が始まり、1時間目には始業式が行われました。

新たな気持ちで頑張ろうという、生徒の生き生きした表情が印象的でした。

また、始業式後には後期生徒会役員認証式が行われました。

より良い「さわやか多中」を創り上げてくれることと思います。

後期の多中を、よろしくお願いします。

更新が遅くなり申し訳ありません。

9月14日、よく晴れた気持ちのよい天候の中、多治見中学校体育祭が行われました。

本年度の体育祭スローガンは「全進全霊~大事なのは目的やから~」

全校生徒一人ひとりが、勝ち負けだけでなくその先の目的を意識して取り組もうという生徒会の熱い思いが込められています。そのスローガン通り、各クラス、各団ともに練習から気持ちをぶつけ合い、種目の取り組みだけでなく、よりよい集団に成長していく姿が見られました。

開会式、生徒会執行部の進行でさわやかにスタートです。

両団長による選手宣誓もすてきでした。

各学年によるリレー。

学年が上がるにつれ、迫力のあるレースとなりました。

全校種目。多少のトラブルもありながら、延長戦の末、白軍の勝利!

各学年種目。3年生による「多脚」では、短い練習期間にも関わらずどのクラスも50mを完走!!非常にレベルの高い戦いになりました。

学級の団結力が競技の姿から伝わってきました。

応援合戦。両軍とも迫力のある、素晴らしい応援でした。

今年の応援優勝は白軍。おめでとうございます。

体育祭の目玉でもある、大繩。

各クラス、練習の成果を発揮して、みんなで声を合わせて跳びます。

トップは2Dの165回。素晴らしい記録です。

紅白対抗リレー。各団から選ばれた精鋭によるリレーは迫力満点。

全校生徒が「全進全霊」で頑張った体育祭。今年は僅か17点差で紅軍の優勝。結果発表の瞬間の喜びの笑顔が素敵でしたね。素晴らしい体育祭をありがとうございました。

保護者の皆様、地域の皆様、本年度も熱い声援をありがとうございました。来年度の体育祭も楽しみにしていてください!

長い夏休みが終わり、今日からまた新たな学校生活がスタートしました。

1時間目に行われた全校集会では、どの学年も落ち着いた態度で静かに入場し、真剣に話を聞く姿が見られました。

整列の様子を後ろから見ても、きれいに整列し、スリッパも美しくそろえてあることがわかります。

夏休み明けでも、こうして「当たり前のことが、当たり前にできる」多中生の姿が素晴らしいと感じました。

集会では、生徒会長の「9日間という短い時間だが、全校で団結して体育祭を成功させよう」という言葉を、真剣な眼差しで聞く仲間の姿がありました。

9月14日の体育祭に向けて、精一杯頑張る生徒の姿が楽しみです。

18日(火)6時間目に、体育祭の結団式が行われました。

まず、生徒会執行部の進行でスローガンの発表がありました。

今年のスローガンは「全進全霊~大事なのは目的やから~」

勝ち負け以上に大切にしたい価値について、執行部が熱く語ってくれました。

このスローガンに向けて、生徒が一丸となって取り組む姿を期待しています。

その後、色分け決めがあり、各団に分かれて結団式が行われました。

応援団の自己紹介や、声出しなどをして、各団で盛り上がりました。

7月6日と7月13日の2日間で、各学年の学年合唱交流会が行われました。

この日に向けて、各学級で工夫し、一生懸命練習に取り組んできました。

本番では、どの学級も素晴らしい合唱を披露することができました。

多治見中学校の5本柱のひとつである「合唱」。

12月の全校合唱祭に向けて、今後も練習を積み重ね、素晴らしい合唱を披露してくれることを期待しています。

7月11日(火)は「挨拶で絆の日」でした。

多治見中学校には、生徒会執行部、生活委員会、PTAのみなさんに加え、多治見高校や多治見工業高校のみなさんにも来ていただき、挨拶運動を行いました。また、1年生を中心にたくさんのボランティアの生徒も参加し、朝からさわやかな挨拶が多治見中学校に広がりました。

生活委員が提案し全校に広がり始めた、ワンアクションをプラスしたさわやかな挨拶、そしてそこからのコミュニケーションが、今後も広がっていくことを期待しています。

今週月曜日から、生活委員会による挨拶キャンペーンが始まりました。

「挨拶を、コミュニケーションを広げるきっかけにしたい」という生活委員長の思いをもとに、生活委員会で「ワンアクション」を加えた挨拶を行っています。

朝の挨拶運動では、生活委員の他にも生徒会執行部や有志の生徒が集まり、笑顔でハイタッチをしながら挨拶する姿が広がっています。この活動をきっかけにして、多中に、そして地域にさわやかな挨拶と、その後のコミュニケーションが広がっていくことを願っています。