11月9日にバロー文化ホールで多治見市中学校音楽祭が開催されました。

多治見中学校からは、2年生が学年合唱で出演し、「大切なもの」と「青葉の歌」を合唱しました。今までの取り組みの成果を十分に生かし、素晴らしい合唱でした。演奏後の生徒たちは、歌いきった充実感でいい顔をしていました。多治見市中学校音楽祭の様子は、12月1日~7日の間、ケーブルテレビ「おりべネットワーク」で19時より放送予定です。

明日、11月9日は多治見市中学校音楽祭です。音楽祭に向けて、2年生の合唱練習も熱が入ってきました。昼休みも、係などの活動を終えた生徒から中庭に集まり、ある程度人数がそろったところで練習が始まりました。

中庭に響く歌声に、1年生も2階から聞き入っていました。

11月1日に東濃地区教育推進協議会指定「学級経営」研究推進校、多治見市教育委員会指定教育課題研究推進校として、授業と帰りの会を公開し、研究発表を行ないました。多治見市内の全ての中学校と東濃地区の多くの学校から300名を超える皆様にご来校頂き、生徒の授業や帰りの会の様子を見て頂くと共に、研究会でも多くのご指導・ご助言を頂きました。

多くの参観者がいる中で、堂々と自分の考えを語る生徒の姿や、仲間の考えや気持ちを引き出し整理して話し合いを進める議長や書記などのリーダーの姿に対し、たくさんのお褒めの言葉を頂きました。ありがとうございました。

今日は多中教育の日。

授業参観、PTA主催の講演会、学年懇談会を行ないました。

2年生調理実習(豚汁づくり)では、たくさんのお母さん先生から細かなところまでご指導を頂きました。

後期1回目の生徒集会を行ないました。

執行部と専門委員長が後期の活動方針を発表した後、全体で合唱祭で目指す姿やつけたい力を確認しました。自分や仲間に対し何を求めていくのかをより具体化するよう、話し合いを進めました。

多治見高校のみなさんと生徒会役員が一緒に挨拶活動をしました。