新年度が始まり、2週間がたとうとしています。どの生徒も、学年がひとつ上がり、新たな希望や抱負を胸に取り組んでいます。

4月9日には新入生を迎える対面式がありました。吹奏楽部の生演奏で新入生が入場し、生徒会役員から多治見中学校についての話を聞きました。

また、新入生の部活動仮入部が始まり、朝早くから、元気な声が響いています。

吹奏楽部の生演奏で新入生入場

生徒会の学校紹介

満開の桜の下で学級写真

今日は暖かい春の陽気で、多治見中学校の桜も一気に咲き始めました。現在3分から5分咲きです。

4月8日の始業式・入学式には満開の桜が見られそうです。

4月5日午前の様子

4月から多治見中学校へ入学予定の小学校6年生達が半日入学に来てくれました。生徒会長や先生達から話を聞いたり、中学校1年生の合唱を聴いたり、授業や部活動の見学をしたりしました。

卒業式が終わり、2年生が最上級生となりました。3年生のいない学校は少し静かです。

今日から新学年の出発です。1・2年生で新年度の生徒会役員認証式と、出発式を行ない、新たな気持ちで再スタートです。

 

今年度より、卒業生ひとりひとりが卒業証書を受け取る形に変更しました。卒業生達の晴れやかな笑顔が印象的でした。

学校報「さわやか多中」No.12(3月号)を発行しました。

No.11(2月号)を2月1日に発行しましたが、HP上に公開していませんでしたので、合わせて公開します。

学校報「さわやか多中」No.11(2月号)

学校報「さわやか多中」No.12(3月号)

↑クリックするとPDFファイルが開きます。

2月25日(月)6時間目、文化継承の会第1部を行ないました。

全校生徒が集まって、卒業する3年生が、1・2年生に対し、後輩に託す思いを語りました。また、1・2年生の代表が、多中文化を継承する決意を語りました。