2/8(水)の6時間目に、NTTドコモインストラクターの方に来ていただき、「スマホ・ケータイ安全教室」が行われました。スマートフォンを中心に、トラブルを未然に防ぐための知識や心構えについて、具体的な事例を通して知ることで、生徒たちは、今後の生活に生かそうという気持ちをもつことができました。

2/13(月)(一部の学級を除く)の帰りの会の時間に、3年生と1年生のミニ交流会が行われました。学級合唱の発表、3年生から1年生へのメッセージ、1年生から3年生へのメッセージ、合同合唱と盛りだくさんの内容でしたが、心が温まるよい時間となりました。

 

2/14(火)特別支援4校交流会が行われました。一緒に遊んだり、話したりすることで交流を深めることができました。どの子も、穏やかな表情で活動していることが印象的でした。

2/14(火)3年生の「立つ鳥活動」が行われました。残念ながら様子を紹介する画像はありませんが、3年間お世話になった学び舎に対して、感謝の気持ちを「清掃」という形で表す姿を見ていると、すがすがしい気持ちになりました。

2/4(土)に、多中教育の日が開催されました。本年度最後となる授業参観では、どの学級のどの生徒も、1年間の授業の取り組みの成果を発揮しようと頑張ることができていました。今の多中を象徴する落ち着いて学習に取り組む様子を、保護者の皆様に見ていただけたと思います。授業参観後には、60周年記念講話第3弾として、ラジオパーソナリティ・書道家である矢野きよ実さんを講師に迎え、「誰も一人では生きられない」を演題に貴重な話を聴くことができました。東日本大震災に被災した子どもたちとのかかわりに関するエピソードや生きることに対する熱いメッセージは、とても心に残るものでありました。学校評議員会も開催され、多治見中学校の教育活動について、貴重な意見をいただくことができました。

1/23(月)の午後に、1年生が「三ツ池樹林整備作業」に取り組みました。この活動は、総合的な学習の時間の一環であり、地域の企業と連携して実施されました。生徒たちは、学校に隣接する三ツ池の森を整備する活動を通して、地域の自然についての意識を高めることができました。

 

   

 

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

今日10日(火)には、冬休み明け全校集会が行われました。どの学年も整然とした入退場をすると共に、校長先生や生徒指導主事、教務主任、生徒会執行部生徒の話を集中して聴くことができていました。このような姿を見ていると、新年を迎え、新たな気持ちで頑張っていこうという思いがよく伝わってきました。

学校報No.10(1月号)を更新しましたので、ぜひご覧下さい。

学校報No.10(1月号)1

保護者の皆様、地域の皆様、本年中は大変お世話になりました。皆様のお力添えのおかげで、本校の教育活動を大変充実したものとすることができました。良いお年をお迎えください。

12/16(金)の6時間目に生徒集会が行われました。今回の内容は、合唱祭にかかわる取り組みの振り返りおよび表彰式と、これからに向けての意見交流でした。合唱祭の取り組みでは日常生活を大切にしてきたこと、合唱祭の取り組みでうまくできなかったことをバネにして今頑張っている、といった意見が活発に出ました。卒業式や学級解散式に向けて、どの学級の合唱文化もさらに充実することを願います。また、日常生活の高まりにも期待します。

  

名古屋グランパスのテクニカルスタッフを務める三浦哲郎氏を迎え、演題「一流になるために中学生として大切にしたいこと」で講演会が行われました。

生徒たちは、約50分間集中して話を聞き、三浦氏から「夢をもつ」「人とのつながり」「あいさつ」が大切であることなど、多くのことを学びました。

 

12/2(金)に、平成28年度多治見中学校合唱祭が行われました。本年度の合唱祭スローガン「結唱~442人で創る輝き」のもと、各学級の合唱と各学年の合唱発表が行われました。左から順に、1年生、2年生、3年生の学年合唱の様子です。

1nen  2nen  3nen

そして、最後には全校合唱「大切なもの」を行い、合唱祭を締めくくりました。