18日(火)6時間目に、体育祭の結団式が行われました。

まず、生徒会執行部の進行でスローガンの発表がありました。

今年のスローガンは「全進全霊~大事なのは目的やから~」

勝ち負け以上に大切にしたい価値について、執行部が熱く語ってくれました。

このスローガンに向けて、生徒が一丸となって取り組む姿を期待しています。

その後、色分け決めがあり、各団に分かれて結団式が行われました。

応援団の自己紹介や、声出しなどをして、各団で盛り上がりました。

7月6日と7月13日の2日間で、各学年の学年合唱交流会が行われました。

この日に向けて、各学級で工夫し、一生懸命練習に取り組んできました。

本番では、どの学級も素晴らしい合唱を披露することができました。

多治見中学校の5本柱のひとつである「合唱」。

12月の全校合唱祭に向けて、今後も練習を積み重ね、素晴らしい合唱を披露してくれることを期待しています。

7月11日(火)は「挨拶で絆の日」でした。

多治見中学校には、生徒会執行部、生活委員会、PTAのみなさんに加え、多治見高校や多治見工業高校のみなさんにも来ていただき、挨拶運動を行いました。また、1年生を中心にたくさんのボランティアの生徒も参加し、朝からさわやかな挨拶が多治見中学校に広がりました。

生活委員が提案し全校に広がり始めた、ワンアクションをプラスしたさわやかな挨拶、そしてそこからのコミュニケーションが、今後も広がっていくことを期待しています。

今週月曜日から、生活委員会による挨拶キャンペーンが始まりました。

「挨拶を、コミュニケーションを広げるきっかけにしたい」という生活委員長の思いをもとに、生活委員会で「ワンアクション」を加えた挨拶を行っています。

朝の挨拶運動では、生活委員の他にも生徒会執行部や有志の生徒が集まり、笑顔でハイタッチをしながら挨拶する姿が広がっています。この活動をきっかけにして、多中に、そして地域にさわやかな挨拶と、その後のコミュニケーションが広がっていくことを願っています。

6月16日(金)に生徒集会が行われました。

集会ではまず、時間行動CPで目標を達成した3年C組、3年D組の表彰が行われました。

そのあとは、各学年が体験学習を通して得た、成果や課題を発表しました。

行事だけで終わるのではなく、日常生活とつなげ成長していこうとする、前向きな発表でした。

最後には、多中の5本柱を磨き上げる活動について、生徒会執行部と生活委員が発表しました。

来週から始まる第一弾の「ワンアクションを加えた挨拶CP」に向けて、全校が思いをひとつにして取り組むことを願っています。

 

 

中華街でお腹いっぱいになったら、あとは眠るだけ⁈ 元気におしゃべりしている人と寝ている人、半々くらいでしょうか。

バスは藤枝岡部ICを通過しました。このままいけば、予定通り各降車場所に着けそうです。

基本の料理をいただいたあと、メニューを見ながら追加していきます。みんなモリモリ食べています。

雨の中、しばらく待ちましたが、今年は入場、見学することができました。

見学前に、議員さんがお話ししてくださいました。

何か発表があるようで、記者がたくさん詰めていました。

衆議院の議場は、マイクテスト中でした。