平成30年度と令和元年度の卒業記念品として、新たな校歌額を寄贈して頂きました。今までアリーナに掲示してあった額には2番がなかったので、新たに1番から3番までの校歌の歌詞を額にしてアリーナに掲示しました。

平成30年度卒業生の皆さんには、春休み中の3月27日(金)・30日(月)・31日(火)の午前9時~午後4時の期間に公開します。見学希望の方は、アリーナ見学前に、職員室に来て校歌額見学希望と告げて下さい。

今年度4回目の資源回収。今回は2年生が集荷を担当しました。

保護者の皆様・地域の皆様にたくさんのご協力を頂きました。ありがとうございました。

今年度3回目の命を守る訓練は、校内に不審者が進入した想定です。

多治見警察署生活安全課よりお二人の警察官に来て頂き、校内や登下校時の安全確保についてご指導頂きました。

登下校中の声かけや写真・動画の無断撮影、またイノシシや猿などの野生動物の出現など個人の判断で身の安全を守らなければならない場面も想定し、どのように行動することでリスクを下げることができるかを学んでいます。

1月8日より、令和2年の学校生活が始まりました。

各学級では、書き初め(新年の抱負)を掲示したり、冬休みの様子を交流したりしました。下校時刻には東の空に大きな虹が架かっていました。

 

1月7日 とうしん学びの丘エールで、多治見市連合生徒会が開かれました。市内各中学校の生徒会役員が集まり、互いの活動を交流したり、これからの活動について話し合ったりしました。テーマは「笑顔あふれる学校づくり、まちづくりを目指した生徒会活動」です。

多治見中学校からも6名が参加し、市内のいろいろな中学校と交流しました。

12月9日、新興建設(株)社長田中様、東濃信用金庫営業部長近藤様をお迎えし、ドラムセットの贈呈式を行ないました。

ご寄付いただいたドラムセットは、本校吹奏楽部が演奏会や地域ボランティアなどで活用させていただきます。本当にありがとうございました。

12月3日。滝呂校区で、有志が通学路の落ち葉清掃をしました。滝呂公民館方面からセラミックス研究所方面に登ってくる途中にある歩行者用階段が、落ち葉で滑りやすくなっていました。今までは長く地域の方がボランティアで落ち葉清掃をしていて下さいました。それを聞いた中学生が、「自分たちの通学路を自分たちの手できれいにしよう」と立ち上がりました。

三者懇談で、少し早めの下校でしたので、ボランティア9名が40分ほどかけて、階段やその周りの通学路の落ち葉をきれいにしました(下の集合写真には、三者懇談のために先に帰った2名が写っていません)。今まで長く清掃活動をして下さっていた地域の方も一緒に作業をして下さいました。ありがとうございました。