4月8日(木)小泉小学校の新体育館にて、入学式が行われました。

 校長からは新一年生に向けて「自分でできることを増やして、”やったー!”という気持ちをたくさんつくってください。また、挨拶や声かけを大切にして、友だちもたくさんつくってください」とお話がありました。

 入学式では、担任の発表も行われました。その後の学級開きでは、それぞれの教室で、子どもたちが担任の先生の話や学校での過ごし方について、しっかりと話を聞く姿がありました。

 4月7日(水)コロナウイルス感染防止のため、放送での始業式・着任式が行われました。子どもたちはぴかぴかの新しい校舎で、新しい学級の仲間に囲まれ、新担任の発表を聞き、たくさんの「新しい」と出会い、わくわくどきどきした様子でした。

 学校長からは「679人のみなさんに、たくさんの笑顔を広げてほしい」と話がありました。全校の皆さんの工夫と、先生たちの工夫を合わせ、よりよい学校生活をともにつくりあげていきましょう。

 3月26日(金)コロナウイルス感染防止のため、それぞれの教室で、放送による修了式が行われました。校長先生からは、「この一年間、友だちと仲良くすごすことができたか、新しく知ったことやわかったことが増えたか、心も体もたくましくなれたか、改めて考えてみましょう」とお話がありました。
 児童代表の話では、1年生の児童が「漢字や図工の作品作り、体育のダンスなどで頑張ったこと」、5年生の児童が「委員会活動で、原稿作りや放送の仕方について頑張ったこと」などについて発表しました。ご家庭でも、子どもたちのこの1年の頑張りについて、ぜひいっしょにお話をしてください。