新型コロナウイルス感染予防のため、各学級ではいろいろな対応を考えて授業を行っています。例えば、ある音楽の授業では、息を出さないよう歌を制限したり、鍵盤の用紙を印刷して代用したりしています。
 また、話し合いの場面では、付箋を用いて児童同士の接触を防ぎながらの意見交流や、電子黒板を使用し、児童が席に着いたままで交流ができるようにしたりしています。

鍵盤の代用
電子黒板を使用した意見交流
付箋を使った意見交流

9月1日(火)より、3人の教育実習生が小泉小学校に来ました。実習の期間は違いますが、子どもたちといっしょに学習し、遊び、様々なことを学んでくれることを期待しています。

 9月1日(火)命を守る訓練を行いました。今回は地震が発生した場合を想定し、安全な行動の仕方と避難経路を子どもたちと確認した後に避難をしました。現在は新校舎建築中のため、中学校の運動場を避難場所としています。危険なことが発生しないのが一番よいのですが、万が一に備え、集団で動くための訓練です。ご家庭でも緊急時の安全確認など、お話してみてください。

教室で、机の下に避難しました。
中学校のグラウンドに移動しました。
グラウンドで児童の確認、報告を行います。

 6年生の国語科では、指導の先生をお招きして短歌の学習を行いました。子どもたちは自分たちの生活をふり返りながら、5・7・5・7・7のリズムにのせ、気持ちや思いを見つめ直す時間がもてていました。