9月14日に1・2年生が、21日には3年生が、今年度の体育祭を実施しました。
今年度は、「運動が苦手な子も得意な子も、全員が笑顔になれる種目を!」という願いのもと、3年生を中心に生み出された新競技「操球乱舞」も行われました。

ちまたで「教員不足」と言われていることはご存じかと思います。その結果として、「講師」も不足しています。

「講師」は「教員」が産休育休などを取得する際、その代替として学校に勤務していただく先生です。先生ですので「教員免許状」が必要です。

この7月より、教員免許に係る更新講習制度が改正され、期限が切れてしまわれた方の免許状が復活できるようになっています。

この機会に、学校で「講師」として働いてみませんか?

添付のPDFに「講師説明会」の案内を載せておきましたので、教員免許状をお持ちの方で「働いてみようかな」という方は、一度、ご覧ください。

また、お知り合いの方で「教員免許状をもっていた」なんて方がいらっしゃいましたら、お声がけいただけるとありがたいです。

ご質問等ありましたら、

多治見市教育委員会 教育推進課(0572-23-5904)

まで、お電話ください。

講師説明会案内

 

 

SNSを利用するときの注意事項などについて学びました。
3年生は体育館で警察の方から直接話を聞き、1,2年生はその様子をオンラインでつないで教室で話を聞きました。

関ヶ原の古戦記念館と各務原の航空宇宙博物館に行ってきました。
多治見市以外の岐阜県内の施設を回り、ふるさとの魅力について学ぶことができました。

シーカヤック体験、クルージング、座禅体験、鯛のさばきなど、学校では味わえない体験がたくさんできました。