2/3~2/4

バロー文化ホールにて、土と版画展が開催され、本校からも各学年の力作が出展されました。


今週から図書館祭りが行われており、「語りの会」の皆様に各学級で絵本の読み聞かせを行っていただきました。子どもたちはじっと耳をかたむけながら絵本の世界を楽しみました。感動して目頭を押さえる姿も見られました。


 

運動場に雪が積もり、子どもたちは大喜びです。雪に埋もれた花の苗も太陽の光を浴びて元気を取り戻しました。


朝活動の時間に学級を二つのグループに分け、「8の字跳び」にチャレンジしています。休み時間には「多治見市なわとびカード」の跳び方にチャレンジする姿も見られます。


1/10

宮城道雄作曲「春の海」が流れる中、全校児童が書き初め(1・2年硬筆、3~6年毛筆)に取り組みました。日本の伝統文化として、心を落ち着け、姿勢を正して、一文字一文字をていねいに書き上げることができました。

 

 

1/10

エルマーの会の方による語り部があり、子どもたちは物語の世界を想像しながら、「大福もち」という昔話を楽しみました。エルマーの会の方には、図書館の本の修繕も行っていただきました。


 

12/26

冬休み前の全校集会が行われ、整然とした雰囲気の中で行うことができました。夏休みからの様々な表彰も行われました。冬休み後は1月9日から始まります。

 

本日、6年生が元県議会議員、陶技学園理事長の宮嶋和弘様を講師としてお招きし、「人として生きるための基本」をテーマとして特別道徳授業を受けました。先生のイラストや漢字の仕組みを通したお話や「苦を逃げずして楽を追わず」「反省しても後悔するな」など、心に残るお言葉に子どもたちはじっと耳を傾けながら、家族愛、勉強の基本、礼儀の大切さ、感謝の心、自然の力などについて学びました。また、金魚やウサギが出てくる手品もご披露いただき、子どもたちを魅了していました。


12/14

1年生で算数の授業研究会を行いました。子どもたちはブロックを操作したり、式で考えたり、言葉で説明したりしながら、ひき算のやり方をたいへん意欲的に学ぶことができました。