コロナウイルスの感染が猛威を振るっています。学校でも感染症予防対策について、子ども達と確認をしました。

 養護教諭からは、オミクロン株が今までにないスピードで広がっていること、そのために「マスク・手洗い・換気・ソーシャルディスタンス」を、今まで以上に気を付けることを伝えました。その後、各クラスで再確認をしました。

 図書館の利用も密を避け計画的に1クラスずつ利用するようにしています。返却時も、ソーシャルディスタンスを意識しています。また、保健委員は、学校の環境衛生を守るために、毎日忘れず活動しています。さすが、池田小のリーダーです!

 保健センターの歯科衛生士さんをお招きして、歯について学びました。子ども達の発達段階に合わせて、分かりやすくお話しくださいました。

 低学年には、絵を使い虫歯になりやすいおやつを教えてくださいました。また、歯ブラシの使い方も教えてもらいました。高学年は、歯肉炎について学びました。手鏡を使って、口の中の様子を確認しました。口の中を清潔にすることが、とても大切であることを確認しました。

 冬休みが終わり1週間経ちました。学校生活も落ち着きを取り戻し、部屋の中でも外でも子ども達の「たくましい」姿が見られます。

 書き初めを行いました。床に座り、背筋を伸ばし集中して行っていました。粘り強くやり抜く「たくましさ」を感じました。

 雪が降る日も、仲間と楽しく運動場で遊ぶ姿からも、子ども達の力強さを感じました。

 「命を守る」ために大切なことを、たくさん学びました。

 朝の放送では、地震が起こったときの身の守り方を学びました。奥田先生から挿絵を使って教えてもらいました。ダンゴムシのように、体を丸めて頭を守る姿勢も復習しました。いざという時に役立てるように、繰り返し学び身に付けていきます。

 1・2年は、生活安全課の方々をお招きして「連れ去り防止」について学びました。大きな挿絵を使っての説明や、寸劇をしてくださったおかげでとてもよく分かりました。安全な身の守り方や安全な場所について等、どれも大切なことばかりでした。どの子も、最後まで集中して聞くことができました。

 登下校中の「わざ」についても教えてもらいました。「だるまさんがころんだ」と言って時々まわりを確認すること。また不審な人に会ったら「おにごっこでにげる」ことも教えてもらいました。赤星先生が防犯ブザーを使って「ピー・ぽい・たすけてー」と実演してくれたので、よく分かりました。

 本日、防犯のための笛と「セイフティー5」のパンフレットを持ち帰りました。ご家庭でも、パンフレットを見ながら今日の振り返りをしてみてください。

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

今日は冬休み明けの初登校日でした。久しぶりに見る子どもたちの笑顔は、寒さや雨にも負けず、元気にはじけていました。

冬休み明け集会は、今までと同様にオンライン集会です。学校だよりでお知らせしたように、大谷翔平選手を例に挙げて「目標を具体的に決めること」の大切さを話しました。

また、コロナウィルスが再び猛威をふるっています。引き続き感染対策をするだけでなく、感染者に対するゆがんだ偏見を持たないように、ということも伝えました。

このクラスで過ごす時間も、あと50日ほどと残り少なくなりました。ひとりひとりが目標をもち、心身ともに元気にすごしてほしいと思います。

 明日から冬休みです。寒くなってきましたが、子ども達は変わらず元気いっぱいです。それも、保護者・地域の皆様が温かく見守ってくださったおかげです。ありがとうございました。

 しばらく仲間と会うことができなくなりますが、お手伝いをたくさんして元気に過ごしてほしいです。どうかご家族で良い年をお迎えください。