【児童会】希望のひまわりプロジェクト

「希望のひまわりプロジェクト」

この活動は、2014年に、震災復興のシンボルとして宮城県東松山市立矢本東小学校で育てたひまわりの種を、本巣中学校が譲り受けて育てました。その後、本巣市内の中学校生徒会のみなさんで話し合い、震災を忘れないようにするために「希望のひまわり」として各学校に広まっています。

そのひまわりの種が縁あって、この滝呂小学校にもやってきました。

約20センチ程まで成長した苗を、正門脇の花壇に植えるまでの短い間ですが、各学級でお世話をしてもらうことになりました。「希望のひまわり」に愛着を持ち、これからひまわりの生長を見守ってもらえたらと思っています。

各学級で水をあげたり、お日様に当てたりして大切にお世話をしてくださいね。

秋にたくさんの種が取れたら、みなさんにもお分けしたいと思っています。