6年生 高齢者体験

今日は、6年生が、総合的な学習の時間で、学級ごとに高齢者体験の学習を行っています。講師として、多治見市社会福祉協議会・地域福祉課・ボランティアセンターの大村ますみさんと山田恵美子さんをお招きしました。

高齢者の視界や聞こえ方、触覚など、様々な様子を教えていただきました。

メガネと手袋を着用して、文字を読んだり書いたりする体験をしました。高齢者の不自由さを理解するとともに、どのように接するべきなのかを学びました。