今日は、6年生がクラスごとに「租税教室」を受講しています。講師として、多治見税務署からお二人に来校していただきました。

個人課税第二部門 伊藤千尋さん

徴収部門 吉澤菜津美さん

消費税を例に、自分たちの収めた税金は、どのような経緯で国民のために使われるようになるのか、講話を聞きました。その後、税金がなくなると社会にどんな不具合が起きて来るのかを学ぶアニメを視聴しました。最後に、実際の一億円がどれくらいの大きさ・重さなのかを体験させてもらいました。子どもたちは、今日の講話を通して納税の大切さを実感することができました。