8月6日。広島原爆の日。本来ならこの日は夏休み真っ最中のはずですが、今年度は授業日であることを生かして、8時15分、75年前に広島に原爆が投下された時間に1分間の黙祷を全校児童で捧げました。学校長より、広島の原爆についての説明と平和を願い二度と争いの起きない未来を築いていくことの大切さの話をしました。平和や戦争について考えるきっかけになればと願っています。

起立して黙祷を捧げる子ども達