本日2時間目に第3回「命を守る訓練」を行ないました。今回は校舎内に不審者が侵入してきた時にどう対応し、いかに危険から遠ざかり避難するかを多治見警察署の署員の方の指導下で訓練しました。教職員は不審者との対峙の仕方やさすまたの正しい使い方を学びました。

不審者役は多治見警察署の署員さん、子どもが怖がらないよう配慮してくださいました。椅子や机でバリケードを作り、さすまたを使用して対峙
運動場に避難し、多治見警察署署員の方の話に真剣に耳を傾けました