昼食後には、エネルギーについての学習。液体ちっ素を使った実験を見せていただいたり、体験型の展示物を班で見て回ったりと、最後の見学を楽しみました。

液体ちっ素は、外国からガスを運ぶときにガスの体積を小さくするのに使われたり、タイヤなどのゴム製品を簡単に処分するときに役に立ったりするそうです。

帰りのバスの中ではやや疲れた様子もありますが、無事帰路についています。

少し遅れて、工場見学を終えました。自動車の組立の様子や説明に興味津々の子供たち、社会で学習したことを目の前にして楽しく見学できました。トヨタ会館は20分程度の見学時間となってしまいましたが、班の仲間と声を掛け合ってまとまって行動できました。

お腹が空いてきました。これからガスエネルギー館に向かい、お弁当です。

秋の爽やかな青空の下、社会科見学の出発式が行われました。めあては『工業について詳しく学び、自分たちで考えて行動して前進しよう』で、実行委員から約束などの確認がありました。各家庭ではいつもより早くからの見送り有難うございました。