P1030636

5年生が食育の勉強をしました。20歳までにカルシウムをたくさん摂取して骨密度をあげ、骨粗鬆症を予防するよう指導しました。また、給食には1日に必要なカルシウムの約半分が含まれているので、残りの半分は、家で牛乳や乳製品、小魚、わかめ等カルシウムの多い食品を食べるとよいことを学びました。児童は、「朝、ヨーグルトを食べよ。」など、感想を話していました。

CIMG1975

6月4日に給食試食会が行われました。参加してくださった100人ほどの保護者に、栄養教諭から「安全・安心な給食を届けるために」という話をさせていただきました。保護者の方々からは「安全な給食のために、いろいろなご苦労をいただいていることが分かりました。感謝しています。」等の感想をいただきました。今後も、安全・安心・おいしい給食を届けられるようにしていきたいと思います。