週末に台風が通り過ぎた週明けの朝。

登校後の朝活動が始まる前の時間に、2年生の生徒が次々と中庭に降りてきました。風に吹かれて落ちた大量の落ち葉を集めだしたのです。しばらくすると、その様子を見ていた1年生も応援に駆け付け、気づけば大勢の生徒が自主的に落ち葉拾いを行っていました。

誰かに言われてやるのではなく、自分たちでよい良い行動を選択し、実行できる生徒の姿は、本当に素敵だなと思いました。

そんな素敵な姿や心が、もっともっと広がっていくことを願っています。

 

 

10月21日に中庭コンサートが行われました。

今年は台風の接近に伴い急遽アリーナでの開催となりましたが、たくさんの方に来ていただき、盛大にとり行われました。

ギタリストの辻岳人さん、ドラマーの河村亮さんに来ていただき、秋のひと時をジャズ演奏に聞き入りました。また、吹奏楽部との共演もあり、楽しい時間でした。

さらに家庭科部による飲み物の提供や、自作のティッシュケースやブックカバーなどの販売もありました。

地域の方々に感謝の気持ちを伝えたいという多中生の思いが込められた演奏会でした。

10月13日は「挨拶で絆の日」でした。

多治見中学校生徒会役員のみなさん、PTAのみなさん、多治見高校のみなさんが中心になって、挨拶運動を行いました。

多治見中学校では、お馴染みとなった「ワンアクション」を加えた挨拶を多治見高校のみなさんも行ってくれ、笑顔でさわやかな挨拶で一日のスタートを切ることができました。

 

今日から後期が始まり、1時間目には始業式が行われました。

新たな気持ちで頑張ろうという、生徒の生き生きした表情が印象的でした。

また、始業式後には後期生徒会役員認証式が行われました。

より良い「さわやか多中」を創り上げてくれることと思います。

後期の多中を、よろしくお願いします。