修学旅行1日目

先日東海地方の梅雨入りが発表され、雨を心配していました。

出発当日の6月7日。

朝5時頃は、雨がしとしとと降っていましたが、子どもたちが集合する6時頃には雨も上がり、これから始まる修学旅行に期待して目を輝かせる子どもたちと同様、青空が期待できる空となりました。

6年生の児童は多くの保護者の皆様や教職員に見送られ、定刻通りに出発していきました。

奈良に到着すると、出迎えてくれたのは素晴らしい青空でした。

法隆寺の五重の塔が本当に五重になっているかや奈良の大仏の大きさ、仁王像など、社会科や総合的な学習の時間を使って自分たちで調べたものを実際に目の当たりにすると、どの子も驚きや感動の表情を浮かべていました。

また、グループで時間を守って興福寺などの見学場所を回ったり、グループ行動を協力して行ったりするなど、高学年にふさわしい自律した行動もできました。

旅館に到着した後、それぞれの買い物に出かけました。

家族の顔を思い浮かべながら買い物を楽しみ、旅館に戻ります。

この後は、旅館で過ごし、明日の京都で行うタクシー研修に備え、英気を養います。