そっとやさしく、さりげなく ~アイマスク体験~

4年生は、総合的な学習の時間で福祉体験のひとつである「アイマスク歩行体験」を

行いました。

これまでに総合的な学習の時間で、点字や視覚障がいの方を支えるバリアフリーの内容

を勉強してきました。実際に、自分自身の目が見えなくなった場合、どうすれば安心して

生活できるのかを、階段を移動したり、廊下をまっすぐに歩いたりすることを、体験を通

して考えました。

普段生活して慣れている学校内でも、視覚がないだけでまったく別の道に思えたようで

す。そんな時、ペアの仲間と声を掛け合いながら、慎重に前に進もうとする様子に優しさ

を感じることができました。