梅雨入りしたというには真っ青な空の下、1年生は6月14日にプール開きをしました。

動けばすぐに汗ばむ陽気でも、水は思いのほか冷たく、プールの水がかかるたびに嬉しさと驚きの声が上がりました。

プールでの約束を確認した後、みんなでプールの中でぐるぐると歩き回りました。

6月13日(火)

青空のもと、プール開きを行いました。

この日のために、2年生のプール開き実行委員の子たちは、昼休みにプール開きのめあてや約束、プールでの遊びを考えました。そして、当日は、始めの会や終わりの会の司会進行を元気よく行うことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊びは、たから探しゲームでした。子どもたちは、冷たい水を気持ちよさそうに、楽しく泳ぐことができました。これから、プールの授業が本格的に始まります。安全に気をつけて仲良く楽しく水泳を行っていきます。

6月8日(木)

2年生は、「町たんけんに行こう」の単元でTYK体育館へ行ってきました。

体育館には、運動をする部屋がたくさんありました。体育館の広さと50種類以上の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

競技が体育館で行われていることに、子どもたちは驚いていました。

職員の方に、体育館の歴史やヒミツを教えていただき、子どもたちはたくさんメモをすることができました。最後に、柔道や空手、少林寺拳法などを行う競技場で、特別に遊ばせていただきました。子どもたちは、元気に走り回り、楽しそうでした。

梅雨入りが発表され、しとしとと雨が降り続いている6月8日。

1年生は、栄養教諭の先生をお招きして食育指導を行いました。

手洗いのしかたをたしかめたり、給食の配膳や食べるときの約束を確認したりしました。

また、給食ができるまでや、どうやって給食が学校に運ばれてくるかのお話を聞いて、「時間に気を付けて食べること」や、「決められた量をできるだけ残さず食べること」、「静かに配膳して、食べることの大切さ」などを改めて知ることができました。

その後、栄養教諭の先生に見守られながら、勉強したことを意識して、給食を配膳し、おいしく食べることができました。

気温もぐんぐん上がり始め、気付けばもう梅雨入り目前となりました。

1年生が育てている朝顔も、青々とした葉をさらに大きく、そして増やしながらぐんぐん育っています。

生活科の授業でまびきを行い、「これからももっと育つように」と願いを込めて移植しました。

花が咲くのを今か今かと待ちながら、これからも毎日欠かさず水やりと観察をしていきます。